FC2ブログ

人材政商=パソナが大儲けする仕組み!

月刊誌「選択」1月号に「パソナがリストラ商売で大儲け」と題した記事が掲載されているので要約を紹介する。

パソナは8万人に上る東京五輪・パラリンピックのボランティア募集を請け負い、その窓口になっている。ボランティアは無給だが、パソナが募集している五輪会場来場者をアテンドするアルバイトは自給1600円である。政商企業が東京五輪で荒稼ぎしているというのだ。

2019年1月~9月の間に企業のリストラが1万人を超えたが、パソナはリストラのコンサルティングと再就職支援でぼろ儲けしてきたという。14年度から拡充された「労働移動支援助成金制度」はリストラされた社員の再就職先を見つけると、企業に最大で60万円支払われる。

このパソナの非情なリストラ支援事業を行ってきたのが「日本雇用創出機構」というパソナ系列の会社で、公的機関のような名前が批判を受け、現在では「パソナマスターズ」と名前に変えている。この「労働移動支援助成金制度」の予算が年間300億円でこの助成金はパソナやリクルートなど人材系大手に流れ込む仕組みができている、という。

政府は氷河期世代の就業・転職支援に今年度1000億円を超える予算を投入し、現在はハローワークでしか認められていない「氷河期世代限定の人材募集」を今後民間にも広げるという。パソナばかりがもうかる仕組みがまたできるのだ。

東京五輪ボランティア関連事業・リストラ再就職支援事業・氷河期世代支援事業と次々公金がパソナに流れ込む。五輪の「組織委にパソナの人間が入りこんでいる」(全国紙記者)といわれ、また労働移動支援助成金についても「竹中氏のロビー活動のたまもの」(経済紙記者)と言われている。竹中平蔵はパソナグループの会長で、安倍首相にきわめて近い人物だ。

リストラ支援、労働力移動目的の公金が、大量に竹中平蔵のパソナに流れ込む仕組みは安倍政権の下で拡大した。「選択」1月号の同記事は、副題で「人材政商が栄えて勤労者が泣く国に」としているように、リストラで労働者が苦しむ仕組みが、同時にパソナの大儲けになる仕組みなのである。安倍政権の政治利権の一つがパソナなのである。
新世紀ユニオン新ホームページ
♯五輪ボランティア ♯再就職支援事業 ♯氷河期世代支援事業 ♯パソナ ♯竹中平蔵
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

政商・・・

竹中が「経済学者」として進言し、色々な労働政策が改悪され、「パソナ会長」として収益を得る構図みたいですね。
結局、解雇自由化の動きも、派遣労働者を増やしパソナの利益につながってしまいますから。

あくどいな

 リストラを儲け口にするのか。

竹中平蔵は逆賊である!

オリックス宮内義彦も政商のひとりで極悪人。
息子は出来が悪くお年寄りを喰いものにした
高齢者福祉ビジネスやってるよ。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード