FC2ブログ

コロナウイルス感染に見る政治の果断と愚劣!

台湾政府の新型コロナウイルス封じ込めのため早くから中国からの入国を禁止した果断な政策が世界で評価されています。まさに果断な措置の典型です。これと比べ中国の顔色を見て、入国禁止を出さなかった日本政府と韓国政府が感染者を多数出すことになったのは特徴的で愚劣としか言いようがない。

韓国は、中国への輸出が25%を占めるので、中国からの入国を禁止する果断な政策を出せなかった。日本は習近平主席に国賓での招待状を出した手前入国禁止にできなかった。国民の命にかかわることを無視した「忖度政治」が防疫面で果断な措置を取れなかった原因である。

安倍政権が新法にこだわるのは、独裁狙いだという人もいるが、法律がなかったことを言い訳にしたいからなのではないか?と私は思いたい。中国政府の失敗は早期に武漢を封じ込めるべきであったのに、危険を知らせた若い医師を処分し、隠ぺいしようとしたこと、さらには武漢封鎖を事前に漏らしたため50万人が武漢から国内外に逃げ出したことだ。これが新型コロナを世界中に拡散した原因となった。

安倍政権の愚劣は健康保険財政を心配して新型コロナウイルスの検査をサボタージュしたことだ。しかしその後の日本国民の自粛要請への規律ある対応が封じ込めに成果を上げ、韓国よりも一桁少ない患者数で収まりつつある。新型コロナ対策で果断な措置を取れなかった付けが全世界的な株価の暴落となっている。愚劣な政治の結果、経済への打撃は大きくなりつつある。

韓国政府が、中国政府が韓国からの入国者に2週間の隔離を決めたことを文句も言わず、受け入れながら、日本政府が決めた2週間の隔離の要請(要請で禁止ではない)に、報復措置を決めたことはあきれるほかない。4月の総選挙前に「またも反日カードか」と思う人も多いであろう。反日ボイコット運動で、日本への観光客を激減させておき、日本商品の不買い運動を煽りながら、検疫措置に報復する話など聞いたことがない。韓国政府は反日だけは「果断な措置」を取る。

必要なのは国民の安全のための果断な政治である。その点台湾政府から学ぶ点は多い。安倍政権が忖度外交を批判したテレビ朝日への批判を強めているので、他のテレビ局が中国・韓国からの日本の入国制限措置が1か月も遅れたことを批判しなく(=出来なく)なっている。マスコミまで官邸に忖度する事態こそ、独裁の危険を警告しなければならない。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード