FC2ブログ

「逃げ恥」を地で行く京都府立大学のTT学長!

前回の報告(ブログ記事)から1年が経過したが、一向に埒が明かないのでまた報告せざるを得ない。
昨年までの経過は以下の記事を見ていただくとして、
2019年3月8日の「回答を先延ばしする京都府立大学学長の愚劣!」
2019年3月11日の「京都府立大学T学長の詭弁!」を参照
今回はその続きを紹介しよう。

T先生は昨年度中に研究室の移転が約束されていたが、結局実現しなかった。ただ、TT学長も反省していたようであり、学生に対して謝罪してはくれた。つまり、当初約束した通りに研究室の移転が叶わなかったことについて、学生に対して説明責任を果たしたのである。

しかし、これに味をしめたようであり、謝ればそれで済むと考えているようである。そもそも、本件の約束はW前学長が、2012年に裁判の和解条項として締結した内容に基づいて、研究・教育の環境を与えようということで申し出た内容に準じている。しかし、TT現学長は、引継ぎを行わずに、あたかも自分たちの言い分が正しいかのように、一方的に日程をごまかし続けてきた。その結果、T先生は研究の機会を失っており、他の先生方とは平等な環境に置かれていない。明らかに、和解条項違反である。

しかし、T先生はTT学長が学生に対して謝罪したことで信頼を寄せ、あと1年、つまり2020年の2,3月には移転を必ず行うということで、了解してしまった。
 TT学長は、自分の任期が2020年の3月までだということを利用して、また学生に謝れば済むとでも考えているようであり、結局は守るつもりのない約束をしたとしか思えない。
T先生は確認のため、責任担当者であるN管理課長に昨年12月20日にメールを送ったが無視し続けている。別件のメールを送ったらすぐに回答があったにもかかわらずである。これでは組織的な嫌がらせであるとしか言えない。ちなみに、たまたま道で会ったY副管理課長に直接訊ねたところ、「さぁ、私は知りません。N管理課長に確認しておきます」と言っていたが、それでも連絡はない。完全に組織的な嫌がらせである!

T先生は、でっち上げでダイオキシン漏洩の犯人にされかかり、裁判で疑いは晴れたが、和解後も大学はその和解を隠ぺいし、そのあとも犯人扱いされたりした。懲戒審査が始まったのが2009年であるから結局10年間もまともに研究ができない環境に置かれている。貴重な10年間をどのように償うつもりであろうか?
少し前に「逃げ恥」という略称のドラマが流行った。正式名称は「逃げるは恥だが役に立つ」という。
 まさにTT学長は、逃げ続けて結果として責任を逃れたのである。こういう学長に名誉教授の称号を与えてよいのだろうか?京都府立大学の無神経な体質は、自己の間違いを正すことも、人権侵害を謝罪することも、平等に扱うこともできないのである。
#京都府立大学 #研究妨害 #裁判上の和解 #名誉教授
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

不始末は人のせいにする!

 ダイオキシンの犯人にでっちあげるのが失敗し、和解したはずが、今も差別がある??
 10年も研究できなくしたのは和解条項違反ではないですか。裁判で合意した和解条項は守ってくださいね。学長さん!

醜い

愚劣な嫌がらせ継続とも、言えるのでは。府民の税金で運営されています。自覚を改めて頂きたい。

相変わらず

どうしようもない体質だこと。。。

まさに安倍政権と同じことをやってますね。

 相変わらずか?

 ダイオキシン漏えいの犯人にされそうになって、裁判で和解したはず、いまだに差別が続いているのか、ひどい話だな。
 府立大は慰謝料裁判をやってほしいようだな!
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード