FC2ブログ

日本人が新型コロナ感染症の死亡率が低い理由!

クルーズ船「ダイヤモンドプリンセス」でコロナ感染症の患者が大量発生した時、世界中のメディアが日本政府の対応を批判した。しかし現在では日本政府の対応を批判する声は聞こえない。それは日本のコロナ感染症の患者の数が少なく、死亡率が欧米と比べてけた違いに低いからで、しかも爆発的感染も起きていないからである。

日本政府の対応は、国民に丸投げしたような「自粛」を訴えるだけで、決して褒められた対応ではない。ところが欧米と比べて日本ではいまだに満員電車で通勤しているのに爆発的感染が起きていない。だから世界中がなぜなのか?疑問が多く出されている。

日本人がすでに新型コロナ感染症の免疫を持っているのでは?とか、感染しても日本人は重症化する確率が低いのではないか?という見方が出ている。また日本人のマスク文化、手洗いの習慣などを挙げる人も多い。しかしどれも疑問符が付く?

そこで出てきたのが、日本がハンコ型のBCG接種を義務付けているからではないか?との見方が出ている。結核を防止するBCG接種の日本株とロシア株の接種を義務づけている国々がコロナの死亡率が低いという結果が出ているらしい。

EUはデンマーク株の注射をしており、このBCG接種の国がコロナ感染症の死亡率が高いというのである。BCG接種を義務付けていないイタリアやオランダ、アメリカで死亡率が高いという結果が出ている。日本株のBCG接種はコロナ防止に役立つ可能性が出ている。

日本株のBCG接種は15年たつと効果が弱まる。しかも日本のBCG接種は1951年以後全面的に行われるようになった。だから70歳以上の高齢者が危ないのである。コロナ感染症の死亡率の高い高齢者に、結核予防のBCG接種をすれば効果があるのではないか、というのである。

BCGが体内に、結核にもコロナにも共通の免疫記憶を作るのではないか、という見方が強まっているのである。もちろん今後日本で爆発的感染が起きる可能性もあるので、この説が日本での感染者数と死亡率の低い原因と断定することはできないが、ぜひ厚労省は臨床試験で確認してほしい。
新世紀ユニオン新ホームページ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

接種のこと

これは興味深い。とにかく厚労省は、そういう検証に税金を活用すべきです。
アビガンを海外へ無償供与は、相手国にとっては有難いでしょうが、パフォーマンスにしか感じられない。開発元のトヤマはアビガンに留まらず素晴らしい会社なのですが、どれだけの労務また費用を投じたのか、トヤマへの補償も同時に考えて頂きたい。

委員長に質問。

今の状況を考えて日本政府は非常事態宣言を出したほうが良いと思いますか?
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード