FC2ブログ

新世紀ユニオンは職場の問題解決を最優先します!

労働組合の闘いは階級闘争でもあります。特に自公政権はユニオンをつぶすために社労士制度を作り、弁護士の数を増やし、弁護士が労組の仕事まで奪いつくし、各地のユニオンはいまその存在意義を失いつつあります。

敵がユニオンつぶしを目指している以上、ユニオンの活動が公然性重視の大衆路線から、秘匿性を重視することに転換することは、組織を守るためには避けられません。例えば新しいホームページの作成が敵をいたく刺激したなら、その作業を一時中止し、職場の問題解決を優先することなどはよくあることです。つまりユニオンの活動の重点は絶えず変化するということです。

労働組合は合法組織であり、労働組合法の枠内でしか活動できません。しかし解雇事案や、退職強要事案では敵との闘いが戦略・戦術で勝敗が決まることも事実であり、したがってユニオンの組織活動面では、戦術を公開しない事が増えることは避けられません。

とりわけ団体交渉では、その目的は交渉委員にも明らかにしないことがあります。ある事案では、切り札の証拠書面を最大限に生かすため、その前の団体交渉で裁判の争点を切り札の証拠が生きるように、相手に情報を意図的に流し、切り札の証拠が最大限生きるように布石することすらあります。そのためにはあえてダメユニオンを演じることもあります。つまり戦略・戦術はユニオン内にも秘密にすることがあるということです。(つまり敵をだますには、味方から戦術を秘匿しなければなりません)そのようにして新世紀ユニオンは労働者の勝利的和解を勝ち取ってきました。

また証拠がないために裁判で負けることがあっても、それは承知の上であり、宣伝戦でブラック企業の卑劣さを暴露し、敵の愚劣さを暴露することで、労働者がそれ以上敵の餌食になることがないように宣伝は継続してきました。つまり労働者は負けることを覚悟で闘わねばならないこともあるということです。それで敵のブラックぶりを世間に暴露できれば、労働者の新たな被害を抑制するという目的は達成できるからです。

つまり日本は裁判自体が公平でなく、正義の側が負けることも多いので、労働者は負けを覚悟の闘いも必要とするときがあるということです。労働組合法では労働組合の宣伝は(事実である限り)刑事免責・民事免責があり、だれも宣伝を妨害できないのです。だから裁判に負けても相手の汚さはブログ記事で残り続けるということです。

それとは逆に裁判所や地労委で和解が成立したら、新世紀ユニオンでは求めに応じて、ブログ記事を消すようにしています。和解とは双方が譲歩して事案を終結することであり、ブログ記事を消すという行為は取引の材料になるからです。つまり経済的力のない労働者が勝利的和解を勝ち取るには戦略・戦術が必要不可欠ということなのです。
#ユニオンの組織活動 #ユニオンの戦略・戦術
新世紀ユニオン新ホームページ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ごく当たり前しかし、最重要な事ですね

 労働者が団結する事、そして必要あらば闘う目的は「職場の問題解決を最優先」する事なのは、言うまでもない。しかし職場労組は資本に飼い慣らされ、まるでダラ幹が個人の利益を最重視し組合員を生贄にして経営者に売り渡す事が、まかり通る世間。委員長の日記にも、らしき実例が複数出ていますね。

 職場労組がそうなら「ユニオン」は? ・・・しかし実態は労働者(=個人組合員)のため闘う事を装い、裏では、いかに早く多人数の(かつ、専従が得るウラ金を増額した上で)金銭退職に持ち込ませるかという事ばかりを、追求しているとしか思えない手合いが目立つ。

 私の認識では、GHQの戦後労働改革は日本の経済復興また発展のためには「全ての職場に労組が要る」から労組法を制定させて、労働組合に強い権利を与えた。しかし個々の事情で「全ての職場に」は難しい叶いそうにないから、労基法により労働者個人に身を守るため必要最低限の権利を保障したのでは、なかったか。このため、労基署が労基法違反する使用者を逮捕・立件出来るようにしたと聞く。

 しかし職場労組が形骸化した世の中では、まるで労働者の抱える問題を収益源に利用するような「ユニオン」が増殖してしまっています。これもまた、委員長の日記そして新世紀ユニオンニュースで情けない実例が、多く挙げられています。

 逆効果に、他なりません。やはり労組法の精神を遵守など、本来の「労働組合」「ユニオン」の存在意義を守り、全国の労働者のため活動する団結体としての新世紀ユニオンの存在を強くアピールし続け、我々自身のレベルアップにも頑張って取り組みたいと思いを、新たにしました。

新世紀ユニオンの宣伝

武器だけではなく、経営者も色々いますが攻撃や裏切り手先どもの手口は普遍的とも言え、労働者が未然に身を守るため啓蒙でも、ありますよね。
なので、余所のおかしいユニオンとは内容の質が違う訳で。

いわゆる「ダメユニオン」の宣伝

カネのため、最初から消すつもりで挑発的に書いてるんでは?
そういう手合いが、本来は社会・経済にとって大切な存在であるユニオンに間違ったイメージ植え付けて、ここで指摘されてるユニオン潰しみたいな動きをもたらしてるのか?懸念されます。

宣伝を武器にするのは正しい!

 いわゆる「ダメユニオン」は会社にブログの内容を抗議されるとすぐに消します。ブラックで和解しない場合はブログを残すのはいいことです。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード