FC2ブログ

後継者を育てることの難しさ

テレビを見ていて知ったのですが、日本の総理と副総理を「BB」と言うそうです。「バカな坊ちゃん」のことを「BB」と今風に表現するらしいです。

社長の中にも2世、3世の「BB社長」が増えています。やたら社長の権威を披歴し、違法な解雇を行って痛い目に合う類が増えています。

あるBB(ビイビイ)社長は社員との面談で「言いたいことを言え」というので社員が正直に「残業代を払ってください、就業規則も見せてください」というと、その社員を懲戒解雇しました。結局この会社は社内でトップの営業成績の営業マンを失い、解決金を600万円支払うはめになりました。

あるBB社長は営業成績がいい社員が会社のために進言することを前向きに受け止めることができず、次つぎ優秀な社員を解雇し、売り上げを大幅に減らしました。

別のBB社長は、創業者の息子でしたが結局社長のポストを継承できず、外部から来た人に社長ポストを奪われました。創業者は事業を起こし、会社を育てて大きくすることはできても、その会社を自分の息子にきちんと後継者として教育し、優秀な指導者に育てることはできない例が多いように思います。

こうしたBB社長は苦労をしていないだけに社員の気持ちが理解できず。自分の権力を見せつけようと違法解雇をやり、痛い目にあいます。しかも自分の非を認めず、会社のために積極的に意見を言う社員を「生意気だ」とばかり攻撃し、見せしめに違法行為を繰り返すのが特徴です。

こうした会社は、社員の積極性をくじき、いたずらにおびえさせ、会社内に活気がなくなり、赤字企業となり、株価を下げ、それでも会社を立てなおそうとする社員を攻撃し続けます。まさに「バカなボンボン」(BB社長)が会社をつぶしていくことになります。

後継者を育てるということはそれだけ難しいということだと思います。創業者は苦労してきているが、その経験を理性化し、教訓を後継者に伝えることはまた別のノウハウがいるし、認識論を理解しなければならないということだと思います。

新世紀ユニオンは後継者を育成するために、活動の教訓はできるだけ文章(議案書等)にしています。後継者がそれを読めば、おのずと経験を豊富にしていくことができ、後継者が育つように経験を総括して教訓化するようにしています。文章にするということは経験を理性化する作業であり、認識を整頓することでもあります。

後継者を育てるという活動は、事業活動とは別に、指導者は目的意識的に後継者を育てていくことを心掛けないと、その巨大な権力をバカ息子が受け継いでも、それを正しく行使できない人間では組織を維持できないのです。

新世紀ユニオンも研修会や交流会を増やして、人を育てていかねばならない時期ですが、コロナ感染症の非常事態下ではそれもできないので、文章を書くことでできるだけ多くの方に活用してほしいと願っています。
#BB社長 #後継者問題 #認識論
新世紀ユニオン新ホームページ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

バカなボンボンだから

 国民の自粛の努力・犠牲を評価できず、憲法改正を主張するのですね。
 日本の民主的コロナ対策をこそ評価すべきです。中国のような独裁的パンデミック対応は間違いです。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード