FC2ブログ

賃金請求権についての考え方!

労働者の賃金請求の原因は次の4点です。
①労働契約を締結していること
②上記契約の中に賃金の締め切り日及び支払日の定めがあること
③上記締め切り日まで就労した事
④請求している賃金額が労働契約時の賃金額と違う場合、請求している賃金額を支払うとの合意が成立した証拠が必要

労働者が違法解雇された場合、
労働者は「解雇を認めないこと、ならびに働く意思があること」を表明しておかねばなりません。よく解雇された労働者が「解雇は違法である」といいながら「もうここでは働きたくない」といって働く意思があることを通告することを拒否する人がいます。この場合、違法解雇が証明されても賃金請求権はありませんので注意が必要です。

労働者が就労していないときは賃金請求権は発生しません、これをノーワーク・ノーペイの原則といいます。働く意思があるのに、会社の違法解雇で就労できなかったときは、労務の履行不能が会社の「責めに帰すべき事由」によるので、未払い賃金を請求できます。ですから解雇されたときにユニオンの指導に従い「解雇を認めないこと」と「引き続き働く意思がある」ことを書面で示しておかねばなりません。

ところが正直の上にバカが着く人が時々います。ユニオンが「解雇を認めないこと」「働く意思があること」を書面で送ろうとすると、強硬に反対して、結果労働審判で、違法解雇を証明できたのに、引き続き働く意思がなかったとして、未払い賃金請求権がないとして、わずかな金額で和解する羽目になる例がありました。働く意思がなくとも、引き続き働くという意思を示して、不当解雇の未払い賃金を得て、その後で退職届を出せばいいのに、どこまでも融通の利かない人が時々います。

ただし、会社が命じる仕事が貨物自動車の運転で、法定の積載重量制限を超え違法となる場合は、労働者はその業務命令に従う必要はなく、労務を拒否することは正当となり、その「就労不能の責めは会社に帰すべき」となり、未払い賃金が認められます。

パワハラでうつ病となり、休職から復帰するときに、会社が就労を求めているのに、労働者が「またいじめられる」と就労を拒否して、裁判で負けた例があります。ユニオンが就労を勧め、パワハラの証拠を録音するよう指導したのに、指導に従わず裁判で負けた例があります。ユニオンの戦術指導に従えないのでは絶対に勝てません。自分から働かないのは労務の履行が不能であることの責めが「労働者の責めになる」ということなのです。
#賃金請求権 #就労不能の責め #ノーワーク・ノーペイの原則
新世紀ユニオン新ホームページ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

指導に従がわない?

 法律を知らないものが、我を通すと自分が損をします。
指導に従うか、従わないかで勝利的和解と、敗北的和解の差がつくのだと思います。
 新世紀ユニオンに加入した人でも、信用していない人もいるのでしょうね。

下の方へ

ご指摘ごもっとも。とにかく新世紀ユニオンの記事を、キチンと読みましょう! 委員長はキチンと考えてるから、同じ事でも何度も繰り返し発信されます。
このブログも新世紀ユニオンニュースも、右上の<サイト内検索>機能を活用されれば、おおよそ必要な記事に辿り着ける筈ですよ。似たような記事がたくさんヒットするなら、それだけ重要なの事だとも言えます。

指導に従わない人もいるのですね

 ユニオンを信用できないのか?我が強いのか?
プロの指導を信用できないのは新世紀ユニオンの記事をキチンと読んでいないからでしょう。
 委員長の苦労が分かります。

融通の利かない人もまた

しつこいようですが、認識上の奴隷にされている、そして反動かと思います。
助けを求めユニオンに加入、しかも自ら新世紀ユニオンを選ばれた筈です。指導に従う、わからないなら聞く、が最低限の大切な事と思います。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード