FC2ブログ

毛沢東の詩紹介 


「長征」
紅軍不怕遠征難,
萬水千山只等閒。
五嶺逶迤騰細浪,
烏蒙磅礴走泥丸。
金沙水拍雲崖暖,
大渡橋橫鐵索寒。
更喜岷山千里雪,
三軍過後盡開顏。


紅軍は 遠征の難きを怕れず,
萬水 千山も  只だ 等閒。
五嶺 逶迤として  細浪を騰こし,
烏蒙 磅礴として  泥丸を走らす。
金沙 水 拍ち  雲崖 暖かく,
大渡 橋 橫たはりて  鐵索 寒し。
更に喜ぶ 岷山  千里の雪,
三軍 過ぎたる後  盡く 顏を開(ほころ)ばす。

私は若いときにエドガー・スノーの『中国の赤い星』を読んで、すっかり毛沢東が好きになった。上記の詩「長征」は、日本軍が中国に侵攻し、中国の主要矛盾が「中国人民と日本軍国主義」の矛盾に代わり、中国共産党が「抗日」のスローガンのもと民族統一戦線政策に基づき、戦略拠点を抗日に有利な延安に移すべく、有名な「長征」を行った時の毛沢東の「詩」である。

長征(ちょうせい)は、紅軍(中国共産党軍)が、中華ソビエト共和国の中心地であった江西省瑞金の根拠地を放棄し、1934年から1936年にかけて国民党軍と交戦しながら、1万2500kmを徒歩で続けた戦略的拠点の移動のことです。

この長征が中国革命の道を切り開いたといわれています。この長征の途中で中国共産党の新しい指導者として毛沢東が選出されたのです。この長征を紅軍は「人民のものは糸一本、針一本取らない」ことを実践し、12500キロを行軍した。この長征を「中国革命の種まき機であった」と後に毛沢東は総括しています。まだ読んでいない人は、エドガー・スノーの『中国の赤い星』を読んでみてください。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード