FC2ブログ

労働者は会社に持病を告知する義務はない!

 読者から以下の質問がありました。緊急性があると判断したのでここで回答します。

(質問)解雇されないか不安です、労働問題の質問です。


 委員長に質問なのですが就職や転職する場合に労働者が身体的な持病が有る場合に就職先に選考段階で事前に正直にお話ししなくてはならない告知義務はあるのでしょうか?
 
 私は実は先天的に[てんかん]の持病がありまして日常的に発作を抑える薬を服用しているのですが、この病気を採用前に会社に知られてしまうと不採用になるような気がして怖いので人事課に持病の事はふせて就職して働いているのですがいつかバレるのでは無いかとビクビクしながら働いています。
 
わたしは工場で工員として働いていまして生産ラインで工作機械を動かして仕事しているので持病の事がバレると就業規則の解雇事由にふれ懲戒解雇されてしまうのでしょうか?これまで仕事中では無かったのですが薬を服用していても年に数回意識を失う事があったのですごく不安です。アドバイスお願いします。

(回答)労働者が持病を告知する義務はない


 会社に隠れてうつ病等の治療をしつつ働いている労働者はたくさんいます。基本的に就職時に労働者が持病を告知する義務はありません。面接時に質問されても個人情報保護法を盾に答える必要はありません。ただし質問者のように工作機械を動かしている場合、「てんかん」の発作が起きたとき危険である可能性があり、持病が露見した時、解雇のリスクはあります。

 先天的[てんかん]の持病が明らかになったとき、持病を隠していたとして、懲戒解雇の可能性はあります。病気を理由に普通解雇される可能性もあります。しかしその前に解雇回避措置が取られるべきであり、安全な仕事に配置換えしたりすべきで、即刻解雇できる問題ではありません。持病が露見した時に会社がどのような対応をするかは、相手が決めることであり、心配しても始まりません。

 質問者の言う、「これまで仕事中では無かったのですが薬を服用していても年に数回意識を失う事があった」とのことでありますが、どのような時に発作が起きたのかわかりませんが、仕事中のように気持ちを張り詰めているときに発作が起きていないのであれば、今後も心配する必要はないように思います。この点については本人が一番わかることであり、自己責任で判断すべきことです。(どのような時に発作が起きたかは、病気対策上非常に重要と思われます)

 いずれにせよ、今から会社に先天的[てんかん]の持病を報告すると解雇になる可能性が高いので隠すほかないと判断します。コロナ不況がこれから深刻化するので雇用を守ることを優先したほうがいいと思います。しかし仕事の内容がよくわかりませんが発作が起きたとき危険が伴う可能性がある仕事内容なら、会社上層部に告知して(個人情報を守るように求めたうえで)安全な仕事に回してもらうのがいいです。しかしこれは逆に解雇を招くことになる可能性があります。それを判断するのは本人です。(いずれにせよ会社に告知する場合には念のため、録音を隠し録りしてください。)
#持病の開示 #個人情報保護法 #てんかん #告知義務はない
新世紀ユニオン新ホームページ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

深刻な問題ですね

 なるほど、告知義務はないのですね。もっとも告知したら解雇してくるでしょうね。隠すほかないです。
 もし解雇されたら新世紀ユニオンに加入して戦えばいいです。証拠さえ録音しておけば大丈夫です。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード