FC2ブログ

コロナ感染症が社会的弱者にもたらした困難!

コロナ感染症が人々の暮らしを一変させた。観光・運輸・製造業などにもたらした危機だけでなく、コロナ解雇が5万人を超え、仕事がなく生活危機に追い詰められる人が増えている。喫茶店や食堂もたくさんつぶれている。コロナ倒産も増えている。

人々が生きる困難に迫られているときに、新しい菅首相は「自助・共助」が信条だというのだから救われない。仕事がなくなれば自助で切り抜けられるはずがない。

新世紀ユニオンは雇用を守る闘いを優先しなければならないと考えています。いま労働者の7割が雇用不安に見舞われています。自分がいつ仕事を失うかわからない時代なのである。

雇用不安に直面している人は、せめて闘うユニオンに加入して、雇用を守る行動の第一歩を起こしてほしい。コロナがもたらした消費の縮小は、単なる不況どころではない。世界的なコロナ大恐慌の可能性が強まっている。そうなると大リストラが始まる。

労働者は、団結して自分たちの雇用を守るために闘わねばならない時代なのである。力の弱い労働者が団結することで雇用を守ることができることを、新世紀ユニオンはこれまで多くの事実でそれを示してきた。

新型コロナ感染症がユニオンにも困難をもたらしている。解雇がコロナを理由に行われると、コロナは自然災害と同じで解雇が合法化される可能性があり、実際に多くの労働者が解雇を受け入れている。このような時は、日ごろ会社に目をつけられている労働者はコロナに便乗して解雇される可能性が高い。

しかし便乗解雇は合法的整理解雇ではないので、証拠さえあれば闘えることを是非知ってほしい。今から証拠を残し、家族のため生活を守るために闘って雇用を守らねばなりません。そのためにはあらかじめユニオンに加入して(=団結して)備えておかねばならないのです。
#雇用を守る #便乗解雇 #合法的整理解雇
新世紀ユニオン新ホームページ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

コロナ関連の労働問題

いろいろ調べてみましたが、日本労働弁護団が作成したものが、一番簡潔で、わかりやすかったです。
よろしければ、ぜひ、ご参考にしてみて下さい。

http://roudou-bengodan.org/covid_19/
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード