FC2ブログ

強欲の資本主義が生み出したブラック経営者!

社会主義のソ連と中国が官僚独裁の帝国主義に変質したことは、世界の独占資本家を「平和の配当の獲得」、すなわち超過利潤獲得へと促した。規制緩和の大義名分で進めた野蛮な搾取は、残業代も払わないブラック企業を数多く生み出した。その影響もあって日本は詐欺師が氾濫する社会になった。

残業代を請求したら解雇し、違法解雇で負けたら解決金を支払いながら、悔しくてユニオンにブログ荒らしを続けるバカ経営者もいる。ユニオンの争議宣伝に腹を立てて、名誉棄損の慰謝料請求の訴訟をしてくるバカな経営者も増えている。金と力のあるものが社会的弱者に、裁判で圧力を加えることを、世間では恫喝的訴訟、すなわち「スラップ訴訟」という。

彼らのブラック経営者の特徴は、自分の側の違法行為などの弱点を棚に上げて、不当にユニオン(労働組合)を攻撃することだ。当然裁判ではユニオンは相手の経営上の違法行為の弱点を暴露し、反撃することになる。

資本主義経済が恒常的拡大再生産を継続するためには、恒常的な個人消費の拡大が必要不可欠である。だから日本では憲法で労働三権が保証され、労働組合法では労働組合の活動を保証するために刑事免責・民事免責が保証されている。法的枠組みも理解せずに労働組合を敵視するのがブラック企業のお粗末な特徴なのである。

ブラック経営者は、自分の違法な配置転換や違法な賃下げや、違法解雇を棚に上げて、ユニオンの事実に基づく宣伝には怒り、腹を立て、スラップ訴訟で反撃するのである。彼らの特徴は、労働者と経営者が哲学的には「互いに相手を必要とする関係」であることを都合よく忘却することだ。

忘れるという文字は心が滅びると書く。ブラック経営者は心が滅んだ人たちなのである。日本資本主義が高度成長した時期は、経営者は労働者を大切にした。利潤の源泉だから家族的労使関係=労使協調を強調したものだった。
日本の国民経済が世界第2位から3位に転落し、すでに先進国最低水準の生産性に落ちぶれたことを日本経団連は反省したほうがいい。日本経済の没落の原因は行き過ぎた強欲の資本主義だけではない。日本の大学からマルクス主義経済学を追放したことも、日本経済凋落の原因の一つなのかもしれない。
#ブラック企業 #ブラック経営者 #強欲の資本主義 #スラップ訴訟
新世紀ユニオン新ホームページ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブラックの性向

第三者に知られると不都合な事を繰り返す、そしてパワハラや解雇、はたまた労働者側弁護士や市井ユニオンを買収して味方に取り込み、逃げようとする。

しかし新世紀ユニオンは買収に応じない、憲法また労組法に従い正々堂々・徹底的に闘う。
これが堪らなく堪えるのでしょう。

 ブラック企業ばかりですね

 違法行為を続ける企業をやっけて下さい。
ユニオンの宣伝がいけないのなら労働者は個別紛争を闘えなくなります。
 違法行為をした酷い会社が名誉棄損で訴えますか?酷い話ですね。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード