FC2ブログ

パワハラ事案は証拠の録音が必須!

パワハラでうつ病になった人に上司のパワハラの録音を取れというのは酷なことだとわかっていても、日本の裁判や労災認定は、その録音がなければ勝ったり認定されません。これはマタハラも同様です。

精神的に落ち込んでいる人にそれができるか?と指摘を受けることがあります。それでも録音がなければ裁判を闘えません。それが現状なのです。ですから自分では録音が難しい場合は、同僚に事前に録音をお願いすることも選択肢として考えてください。

実際にパワハラを見かねて同僚がその場面を携帯で録音をして、自分はその場から退席して、その録音を後で転送してもらい証拠として、労災認定された例もあります。

証拠さえあれば、裁判を闘うまでもなく早期に和解できる事例も我々は経験しています。証拠がなければ、証拠が取れるまで闘うのを我慢すべきであり、証拠もなく裁判を闘うべきではありません。これは闘いの段階性の問題であり、証拠を集める段階を飛び越えて裁判を闘うことはダメです。

録音があるというので裁判を闘い、後でその録音がただの雑談であった、という笑えない事例もあります。最近のICレコーダーは長時間録音ができるので、一日中録音しておくことができます。録音は創意工夫が必要です。相手に録音されていないと思わせないと録音できません。

録音は自分でメモを取ることと同じで違法ではありません。上司との面談時にメモを取ると、上司がメモは取るなというのでメモを止めると、安心してべらべらとパワハラし、証拠が取れる場合が多いです。連合系の組合幹部は録音を取るのはいけない、とでたらめを言っているという話をよく聞きます。しかし録音は違法ではなく、最近では裁判の切り札になるケースが多いのです。

録音がなければ社内メールでパワハラの内容と抗議を送っておけば証拠になります。同僚にパワハラをメールで相談して置けば、そのメールのやり取りの内容が関節証拠になるので、後からでも証拠は作れるのです。パワハラの被害者はあきらめないでユニオンに加入して闘ってほしいと思います。
# パワハラの闘い方 #パワハラの証拠
新世紀ユニオン新ホームページ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

録音は重要しかし大変な場合は

新世紀ユニオンの事案以外でもやはり録音が切り札になった例を、複数見ました。

ペン型ICレコーダーで、録音機だと気付かれにくく高機能の物もありますから、探して活用しましょう。

録音が出来ない・出来なかった場合の証拠の残し方は本記事後半の記載以外にも、新世紀ユニオンニュースに組合員による投稿でも、提案されています。キーワード「証拠」などでサイト内検索で調べ、活用し備えを固めて頂きたいですね。

どうしても録音が必要なのですね

 たしかに鬱病の人には難しいでしょうね。
  どうしてもパワハラから逃れたいですし。
   同僚が助てくれればいいですが、たいがいは孤立していますからね?
 泣き寝入りは、病気の快復を遅らせますし。
   無理でも戦わねばならない時もあります。間接証拠ならできそうですね。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード