年金積み立て金の株式運用で5692億円損失!

公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人は、6日2010年の市場運用で5692億円の損失を出したと発表した。
年金積立金を株式運用することは、年金資金が株式市場に流れ、全体として株価は上昇する。しかし株式投資はいわばばくちで有り、今回のように損失が多く発生する。
国民の年金積立金を株式に投資することはこの際中止するべきだ。高齢化で積立金の取り崩しは2010年度中に6兆1983億円であり、積立金残額は116兆3170億円になる。高齢化の下では当面積立金の取り崩しが続くのであるから、年金資金を株式に投下するのは良くない。
まさか誰かをもうけさせるために株式に年金資金を投下しているのではないかと疑いたくなる。
このままでは年金支給額の切り下げもあり得る事態の中で、年金積立金を株式市場で運用し、多額の損失を出すのは中止するべきである。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード