FC2ブログ

大阪市内の地下駅の避難計画なしの危険!

大阪市内の地下の駅は全部で80駅ある。こうした駅は水防法で義務付けられている「避難確保計画」が作られていないといけない。津波や洪水時の避難場所や浸水防止策等を定める義務が大阪市と鉄道会社にはある。
「避難確保計画」がないと緊急時に混乱は避けられない。
福島第一原発の想定津波が15メートルで有ったのに東京電力は対策を怠り、結果原発の予備電力が水没し、爆発事故となった。
大阪市内は多くが海抜ゼロメーター地帯であり、洪水や津波で地下駅や地下街が浸水するのは確実であるのに、それなのに非難計画でさえ作成されていないのだ!
大阪府の橋下知事が、大阪市を併合しようと画策しているので、大阪市はその対策で追われているのかも知れないが、被害が予知されているのに東京電力のように「想定外」で責任逃れはできないのである。
京都市の地下鉄29駅と阪急の4駅は計画を作成済みだと言う、大阪市と各鉄道会社は早急に地下駅の非難確保計画を作成し、非難誘導訓練をするべきだ。東京電力の二の舞を演じてはいけないのである。
大阪府の橋下知事は「大阪都構想」の前に危機管理の対策を行うべきである。巨大な南海地震が想定されているのに、その対策を何も取らずに「大阪都」が壊滅しては話にならないのである。
関連記事

テーマ:日本の未来 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード