「死の街」との表現のどこが辞職に値するのか?

鉢呂経済産業相が福島第一原発周辺を「死の街」と表現して辞職に追い込まれたが、この表現のどこが悪いのか理解できない。放射能汚染で人が住めなくなった地域は「死の街」ではないか?この発言を問題にするマスコミが悪い。
住民感情を理由にするが、大臣は住民感情をI配慮するためにあるのではない。住民感情であれ、国民感情であれ「死の街」で有ることに間違いはない。
日本を悪くしているのは政治家というよりも大手マスコミの責任ではないか?と思えてくる。
放射能汚染で何十年も住めなくされたのだから「死の街」の表現の方が正しい。それともマスコミは北朝鮮のように「地上の楽園」とでもいうのか?
以前朝日新聞に、ユニオンを江戸時代の離婚を公認する「駆け込み寺」と表現することは間違いだと抗議した事がある。その時朝日新聞大阪本社は書面で出せば書面で回答する、ということなので書面で提出した、ところが回答はなかった。我々は朝日新聞が社員に対して卑劣な扱いをしている事も知っている。マスコミがいかに汚い労務管理をしているかを知っているので大臣のつまらぬ発言を問題にするマスコミの狙いをつい考えてしまうのである。鳩山首相がマスコミの普天間をめぐるバカ騒ぎで辞職に追い込まれた例もある。
野田首相が記者会見を避けているとの非難が大手マスコミから出ているが、野田首相の気持ちは理解できる。日本の大手マスコミにいちいち取材させていると辞職に追い込まれるだけだ。
大手のマスコミはアメリカの手先のような報道ばかりなので相手にしない方がいい。
関連記事

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード