野田首相の評価を変えなければならない!

野田首相の所信表明演説を読んで、これまでマスコミが官僚のかいらいであるかのように言っていたが、どうやら評価を変えなければならないようだ。
野田首相は所信表明演説のはじめと終わりに、勝海舟の言葉の「正心誠意」の行動を表明した。国難の中で、「意を誠にして心を正す」ことを語る人物だ、少なくとも菅には無かった言論・言辞で国民に呼びかけができる政治家で有るようだ。
野田首相の顧問格が細川元首相だそうで、野田は官僚派というより日本新党派というべきだろう。
細川は小沢とも親しいので挙党態勢ができたのだと思う。
この内閣の課題は野党対策だ。
自民党には傑物と言える人物がいないし、公明党は創価学会の池田が倒れたため与党にすり寄る決断ができる幹部がいない。共産党と社民党は「憲法9条は日本の宝」という空想的・観念的野党だから妥協ができない。
要するに野党は国難を乗り切る視点から協力することを決断できる人物がいない。だから野田首相にとって捻じれ国会をどう乗り切るかが課題となる。
言論・原辞で国民に語りかける政治家は民主国家では当たり前だが、日本では珍しいのだ。
米倉経団連会長が管と野田の違いについて記者団に聞かれ「首から上の質が違う」と答えたように今後の政治に期待したい人物であるようだ。
野田首相が、前評判とは違い「大ばけ」することを期待したい。
関連記事

テーマ:日本の未来 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード