労働運動の発展のために!(その15)

相談者の思考方法を分析する。
労働相談を受けていると労働者の思考方法にはさまざまあることが分かる。
相談をして退職強要と闘うことが大変なことだと解るとすぐ諦めて泣き寝入りするタイプ。
闘って失敗した場合を先に考える心配性タイプ。
少ないが不当なことは許さないとの立場にたって闘う決意を固めている人もいる。
何が自分の周りで起こっているか十分に解っていない人もいる。
不利なことはユニオンに話したがらない人もいる。
新世紀ユニオンは、組合員が勝つための必要条件を整えることから始める。だから負けることは心配しなくてよい。
会社の狙いがどこにあるのか?どの点が違法なのか?だからどのような証拠をそろえるのか?を検討する。
組合員の有利な点、会社が有利な点、不利を挽回する方法はないか?会社の違法行為の証拠は何か?あらゆる側面から検討する。
とくに当該組合員の争議を闘う決意の度合いをつかむことは重要だ。会社に残業代を請求することで有っても、本人には大変な勇気がいる事なのだ。
解雇を覚悟で、不当な経営者の業務命令を拒絶することは、本人には「清水の舞台から飛び降りる」ほど大変な勇気がいることだ。
したがってある程度の闘いの見通しを、ユニオンとしてあらかじめ説明する事も必要になる。
争議になって心配なこと、わからない事を素直に質問してくる人もいれば、何も聞いてこない人もいる。
ユニオンとしてはどんどん質問してくれる人は解りやすい。何も質問してこない人は、一人で心配しなくてもよいことを心配している場合もある。
とくに裁判の場合は、弁護士は忙しいのと商売上の機密で、戦略戦術はいちいち説明しない、だから解らない点、心配な点はユニオンに聞いてほしい。
特に素人考えが裁判では通じない事があるので遠慮せず素直に聞いてほしい。
闘いに当たって重要な事は、人は苦難を前にして本当の生きざま、人生観がためされ、急速に成長する、ということだ。
したがって、労働者の相談は、多くが本人の試練と成長をうながし、支援し、応援する場となる。
指導することは同時に学ぶことでもあるのだ。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード