多すぎる菅内閣の官房機密費!

菅内閣の官房機密費が約一年三カ月間で15億3千万円国庫から支出されていることが分かった。
領収書も要らない機密費は、首相と官房長官の掴み金である。1か月に約1億円使ったわけだ。管首相が「辞める」と言って居座り続けた3ヶ月間で3億円が消えたことになる。この間に外交や内政で買収資金が必要な局面は無かった。
菅政権のこの15億円の機密費の内訳を政府は公開すべきだ。
また菅首相と官房長官の不正蓄財を調べるべきだ。
機密費が国家機密に使われず、不正に隠匿されていないか調査するべきだ。
この官房機密費は自民・公明政権時に作られたものだが、極めて不正の匂う、いかがわしい金なのだ。
菅首相が、国際的信用を台無しにして首相ポストに居座った理由がわかったような気がする。
小沢は不動産を購入して政治資金を増やそうとしたが、菅は居座って官房機密費を懐に入れたのだ。
どちらが政治とカネに汚いか、よく考えなければならない。
関連記事

テーマ:政治・時事問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード