日本経済は本当は拡大を続けている!

コメントで、GDPで見ると本当は日本経済は右肩上がりで景気拡大が今も続いている、とのご指摘をいただいた。
それによると企業と資本家はこの景気拡大期に79兆円の所得を増やしたというのです。つまりGDPが49兆円増えて、民間給与総額が30兆円減ったそうです。
(詳しくは「緑苑日記」を検索して見て下さい。)
つまり大企業はぼろ儲けしているのにリストラを継続し、失業者を増やし、賃金を下げ、マスコミを使って不況が続いているかのように欺瞞しているということのようです。
どおりで経団連会長が法人税と所得税増税で震災復興資金を賄えというはずです。
つまり強欲の資本主義の時代には、これまでのように雇用指数や所得の増減で景気を判断してはいけないということです。
これは要するに日本が格差社会となり、結果大資本家は景気がいいが、労働者は景気が悪い、貧困化した、ということです。
経済団体が春闘で「パイの論理」を捨てたのは、労働者に利益の配分をする気が無くなった結果と言えるのです。
緑苑さんコメントありがとうございます。
関連記事

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

日本経済は本当は拡大を続けている

委員長の日記様

 コメントありがとうございました。
日本の財政赤字について、記事をアップしました。
 特に、ギリシャが債務超過で財政が破たんするのなら、
 「早く消費税をあげないと、日本国債もデフォルトする。」という話に対抗して書くことにしました。
 ぜひ、「日本国債は暴落する?」
の感想をお願いします。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード