うつ病等で回復しても仕事に復帰させない会社!

最近の労働相談で、業務起因性による精神疾患で休職し、回復したので主治医から就業可能の診断書を貰い、提出しても、会社が産業医との面談を行うよう指示し、産業医が「仕事の復帰は無理」と言って復帰させない。という相談が増えています。
無料相談で就業規則では解雇になる期間はどうなっているか?聞くとあと一カ月だと言います。
つまり会社はこの人を、この機会に解雇したいと考えているのです。
主治医が診断を下しているのに、産業医が面談でこれを覆せるわけがありません。一般的に精神科の医師は初診で診断書は書けません。この産業医は何を根拠にして診断したのでしょうか?不思議なことです。
実際にこのようないい加減な方法で多くの人が退職に追い込まれています。
仕事のストレスで病気になったのに労災にもされず、無知から会社に言われるまま退職する人が多くいます。
ユニオンに加入して指導を受ければ雇用を守れるのに、それすら決断できない人が多いのです。
このような人に限り証拠を確保できていません。会社に提出した診断書のコピーや、会社とのやり取りのメールやファックスや書面は、必ず写しを取っておいてください。
また入社以来の記録(メモ)を書いておくこと、就業規則をよく読み、自分が休職する期間がいつまでか、いつ退職することになるか、それまでに復帰するための要望書を診断書付きで余裕を持って会社に提出しておくようにして下さい。
もし会社が産業医の判断を口実に復帰させないのなら当ユニオンに加入して継続的指導を受ける必要があります。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード