FC2ブログ

拠出金裁判の高裁判決を近く公開予定です!

今年2月25日に、当ユニオンが原告として大阪地裁で勝訴したところの拠出金裁判の控訴審(高裁)判決が出ました。この判決はその後確定しました。
先の大阪地裁判決は、その後「労働判例」で紹介され、日本労働弁護団の「労働者の権利」291号でも「今後の一般合同労組の健全な発展のためには、財政基盤をいかに確立していくかという点でも重要な論点を提起している」と「新世紀ユニオン事件」の判例が紹介されました。
現在この高裁判決をホームページで公開すべく準備を進めています。
すでに地裁判決はホームページで公開していますが、高裁判決も公開してほしいとの強い要望もあり、また今後のユニオン運動の発展から見て、高裁判決は地裁判決以上に非常に重要な内容を含んでいます。
ユニオンの財政は現状では組合費だけではとても賄えず、事務所の維持やホームページの維持や諸経費を考えるには、裁判闘争を含む争議の解決金や未払い賃金や和解金等の10パーセントの拠出金支払いが必要であり、その法的根拠が司法判断で示された画期的判決となりました。
これまでユニオンが原告となるこの種の裁判は例がなく、今後ユニオンが「カンパ」というあやふやな形ではなく、ユニオンとその組合員の権利義務関係として、組合規約で定めた拠出金の支払い義務が司法判断として初めて認められたものです。
この高裁判決は、いくつかの新聞社や通信社に取材申し入れをしましたが、どこも取り上げなかった経緯があります。
しかしその後「労働判例」や「労働者の権利」で地裁判決が取り上げられたため、その重要性が関係者に認識されてきたものです。
当ユニオンには、「何故もっと早く公開しないのか?」とのおしかりの声も届いていますが、マスコミが取り上げない状況の中で当ユニオンは公開の機会を待っていたものです。
ホームページで公開するとなると、どのように公開するのか?執行委員会での機関決定とともに、大会での承認も取りたいと考えています。また判決文の固有名詞を伏字にするなどの作業が必要でありますが、できるだけ早く公開したいと考えています。
この高裁判決は、地裁判決を豊富にする視点で書かれており、全国のユニオンが今後組合規約を整備するうえで非常に参考になる内容を含んでいます。ご期待下さい。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

期待しています。

 委員長様

 いつも、ブログを楽しみにして、拝見させていただいております。
 アプローチの方法は違いますが、緑苑日記もまた金融・経済の視点からも、人間を置き去りにする仕組みを書いていきたいと思っています。
 よろしくお願いします。
 
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード