薄氷の上の世界経済!

今世界経済は極めて危うい状況にある。EUのエンジン役のドイツ国債でさえ応募が募集を下回り、結果世界中の株価が暴落する羽目になった。
欧州国債の危機は、国債を保有する欧州の銀行の危機で有り、この危機がギリシャ・スペイン・イタリアだけでなく非ユーロ圏にまで広がり始めた。
欧州連合はこれを「ユーロ圏共同債」を発行して危機の拡大を図ろうとしている。ところがこの共同債を買う力があるのはドイツとフランスぐらいしかない。報道ではドイツが共同債の約半分を買わされることになる。つまり今回の国家的金融危機の付けをドイツが払わされる、と見た投資家がドイツ国債を敬遠したのである。
もともと経済の発展段階の違う国を、政治統合を後回しにして経済統合する点に無理があった。
欧州の危機は「ユーロ圏共同債」によっても切り抜けられない可能性がある。ドイツ国民は他国の債務を支払わせられることに反対しているのである。
危機は欧州だけではない、アメリカの財政赤字も深刻だ。こちらは民主・共和の対立で赤字削減策が決まらない点にある。
来年の大統領選が絡んでいるので議会の利害調整機能が失われ、米国債の格付けが再び下がる可能性がある。前回の格下げでは世界中の株価が暴落した。
中国のバブル崩壊も世界経済の不安定要素だ。
まさに世界経済が薄氷の上での政治的争いで、必要な経済対策が取れない状況にあるのだ。
日本も当然その余波を津波のようにかぶることになる。
経済に悪影響を与える増税は避けないといけない。日本は被災地の復興を最優先にして内需を拡大することを優先しなければならないのである。日本国債はほとんど国内で消化されているので、EUとは違うことを鮮明にすべきだ。
関連記事

テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード