若者の人生設計が立てられるようにせよ!

若者の多くが非正規労働者として、低賃金で不安定な雇用環境にある。特に最近は正社員の女性がパート化や派遣に置き換えられている。安上がりの使い捨ての労働力の多くが若者なのだ。
新世紀ユニオンの無料労働相談でも若者の相談が増えているのは、若者が理不尽な扱いを受けているからだ。
すでに終身雇用の時代から、自由化で即戦力の時代になり、職業経験のない若者が割を食うことになっている。
非正規をできるだけ規制しなければ若者が人生設計を立てられない現実がある。ところが民主党は自公に譲歩して、派遣の規制法案の骨を抜いている。
子供手当も少子化を克服するために作られたが、これも公約は投げ捨てられた。若者が停職に付けないために結婚できず、できても子供を作れない現実がある。自民党は何故子供手当に反対するのか説明すべきだろう。
非正規で2年以上も働いている場合は正社員とする義務を企業に課すべきだし、企業はそのようにする資金面の余裕があるのである。
社会が、企業が、若者達が人生設計を立てられるように配慮する義務がある。
ろくに職業訓練をしないで、失敗や事故を口実に安易に若者を解雇する経営者の横暴は許せないことだ。
社会や企業が若者達に自立できるチャンスを与えるべきだと言いたいのである。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード