FC2ブログ

いい加減な労働相談への警告!

新世紀ユニオンには「連合」や、ある野党系労組等の相談窓口を転々とし、「配転で争っても負けるのであきらめるよう」等と言われて、半ばあきらめかけた人が遠方から相談にきます。
ある女性は、会社事務所で事務の仕事をしていたのですが、工場現場に配転になりました。この女性は常々上司からハラスメントやセクハラを受けてきたのですが、会社の労災事故で複数の怪我人が出たので当局に通報したことが、労災隠しを企んでいた会社の逆鱗に触れ、退職強要の配転命令を受けたのでした。
ところがこの女性が相談に訪れた労組は、いずれも闘い方が解らず門前払いにしたのです。こんないい加減な労働相談をしている労組が多いことは非常に残念なことです。
いくら就業規則に配転命令権の根拠規定があっても、労災隠しや、公益通報や、退職強要や、ハラスメントを目的とした配転が違法であることを知らない労組が「相談窓口」を開いていることが、私には信じられません。
遠くから新世紀ユニオンに相談に来られたこの女性の場合、どのようなパワハラ・セクハラをされたか質問すると、思いだしただけで涙が流れて話し続けられませんでした。明らかに、この女性がうつ病を病んでいることは明らかでした。
つまり労災隠しや、公益通報や、退職強要を目的にした配転は違法であり、この女性の場合は会社の労災隠しを突くことが戦術上のカナメで有ったのです。
まだ闘いが続いているので詳しくは紹介できませんが、会社幹部が労災隠しで有罪となり、闘いは半ば勝利が確実となりました。(新世紀ユニオン・ニュース関連記事はこちら「私がユニオンに加入して良かったこと」)
この女性の経験が示しているのは、ダメ労組がいかにいい加減な「労働相談」で、会社の攻撃を受けている労働者を泣き寝入りに追い込んでいるか、という事実である。
どのように労働者が不利な状況に追い込まれていようと、戦略・戦術を駆使して勝利を闘い取る自信がないなら労働相談の看板を掲げるべきではありません。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード