FC2ブログ

全国の労組員が1000万人を切った!!

本日のNHKニュースによれば47年ぶりに労働組合の組合員数が1000万人を切リ996万人に減少したそうだ。(厚労省2011年調査)労組組織率は18%に近づいているようだ。この数字は被災地の実数が入っておらずあくまで推定である。
これらの調査は新しい労組(ユニオン)の数字は含まれていないようなので、既成労組の数字と心得るべきであろう。
非正規への置き換えが進んでいるので組織率が低下し、その上生産拠点の海外への移転が進んでいるので、就業者数が減少している中で組合員数が減少しても組織率はあまり下がらないようだ。
世界的に見て組織率が70%以上の国(北欧の国々)は社会格差が少ないが、アメリカ・韓国・日本など18%以下の国は格差社会が著しい。
つまり自由化政策が進み、社会的規制が緩和されるとその国は富の偏在が進み、富の再配分がされないので経済が活力を失うのである。
自由競争は企業を淘汰し独占化が進み、したがって新しい雇用が生まれない。
日本の既成労組のように家畜化が進み、中には経営者の機嫌をとるだけのペットのような労組も見かけるのである。
解雇された組合員が労組に相談に行くと「あなたは解雇されてすでに組合員ではない」と恥知らずに答える「労組」を、労組と呼べるかという問題がある。
つまり労組組織率や労組員の数字だけでなく、労組の家畜化を問題にしなければならないと私は考えるのである。
日本には無い方がまし、と呼べる組合が多いので、雇用の非正規化を阻止できず、労働条件の悪化を阻止できないのである。
しかも日本はアメリカの従属国であり日本の労働者は二重の搾取を受けている。この結果日本の労働者は過労死するほど働いても、生活は楽になるどころか悪化する現実が有る。
全国各地にユニオンを組織することが今求めれれている。新世紀ユニオンはそれを目指して雇用を守るノウハウを原則公開しているのである。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示


!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード