消費税増税の福祉目的税化の欺瞞にだまされるな!

消費税の10%への増税の内1%が福祉に回り、他は法人税増税や公共事業に回るので政府の「社会福祉と税の一体改革と言うのは欺瞞だ」と反対の声が高まっているので、岡田副総理が「消費税増税分は全て目的税にするべきだ」と言い始めた。
増税分を福祉目的税にして、これまでの福祉に回っていた予算を法人税と公共事業に回せばよいことだという自民党的考えである。

今の民主党は鳩山とちがって公約を守ろうという気持ちが一つもない、この点でも自民に先祖帰りである。
野田や岡田には政治哲学がない。ただ財界と官僚の利益代表者に過ぎない。
岡田の親父はイオンの社長であり岡田はその私的利益を代表していると見るべきだろう。

いまの民主政権には自民・公明から政権奪取した時の、民衆の要求を実現するという熱意がまるで感じられない。
ただの保守政党だ。消費税増税で既得利益集団の延命を可能にしようとしているだけなのだ。
主人であるアメリカの言いなりで国益を失い続けているだけだ。
危機対応能力がまるでない。国益を考えていないから軽々しくアメリカのイラン制裁にすぐ賛成するのだ。

舌の根も乾かないうちに公約を全て投げ捨てるのなら、民主的政党とは言えない、党名を「詐欺政党」とでも変えるべきだ。
関連記事

テーマ:野田内閣 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード