FC2ブログ

大阪市の職員が困っている人を助けたら処分!?

報道によれば、大阪市の西成区の58歳の職員が昨年7月生活保護受給の相談に来た人に同情し、自分のお金8万円を渡した。この男性が助けてくれた職員にお金を返したいと市のケースワーカーに相談し、美談が発覚した。

ところが大阪市はこの助けた男性職員を減給3カ月(10分の1)の懲戒処分にした。処分理由は「区役所に行けばお金がもらえると思われては困る」から、というのだが・・・!

この処分された職員は自分の金を渡したのである。確かに市の区役所は統治機構だ、だから人助けをしたら困ると言うのが私には理解できない。橋下市政はどこかおかしい?

市の職員が選挙で誰を支援したかを市が調査して、反対勢力を支援した職員を処分すると言うのもおかしい。
橋下のやり方では地方行政に思いやりが無くなる。人助けをしたら処分というのは懲戒権の乱用ではないか?

市の労働組合の事務所を追い出すと言うのもおかしい。これまでの労使関係で認められていたのが市長が変われば組合を追い出すと言うのは不当労働行為である。

橋下市長は弁護士だが、民主的な要素がまるでない、「ハシズム」と呼ばれるゆえんだろうが、この人物では大阪が良くなるとも思えない。日の丸、君が代で起立しない教員を解雇するそうだが、この運動が非国民運動になるのではないだろうか?大阪を温かみのある市にするには橋下市長では難しい。

関連記事

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード