「辞めてくれ」と言われたらどうすればよいのか?

労働相談を受けていると、会社から「能力が無いので辞めてくれ」と言わると、とたんにへこんで退職を受け入れる人が多いのに驚かされます。会社に辞めますと返事してからでは相談されても遅い場合が有ります。

日本の労働法では正社員は簡単には辞めせることはできないのです。したがって「辞めてくれ」と言われたら「私は辞めません」とはっきり答えてください。そしてすぐユニオンに加入すれば雇用は守れるのです。
もう働く気が無い場合でも1年分ぐらいの解決金は取ることができるのです。

会社は正社員を首にして賃金の安い非正規(パートやアルバイト)にすれば人件費が半分以下にできると計算しているのです。したがって「辞めてくれ」と言われたらすぐ当ユニオンに加入することが大切です。

会社の言いなりに辞める必要も義務も無いのです。正社員は定年まで働く権利が有るのです。
今のようにリストラの時代には早めに当ユニオンに加入して雇用を守るための準備をしておくことが重要です。
会社の方は弁護士や社労士の指導を受けてリストラを進めているのですから、労働者の方も専門的指導が必要な時代なのです。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード