陰謀のような手法の解雇が増えた!

最近労働相談で感じるのは陰謀のような解雇が増えたことである。口頭では整理解雇といい、解雇理由証明書を求めると、その内容に覚えのない「業務命令に従わなかった」とか「顧客からクレームがあった」とかまるで懲戒解雇のような理由が並ぶのである。

また別の例では、口頭で怒鳴り付け即時解雇し、後で解雇予告を送ってくる。そこには口頭で理由とした内容とは別の抽象的な非違行為の理由が書いてあります。メールで質問しても回答しません。

また整理解雇と言って即日解雇にしながら、後で「退職勧奨同意書」に押印をせまる場合もあります。
このように労働者にはよくわからない事を会社がしてくる例が増えています。

これらは裏で社労士が指導している場合が多いのです。即日解雇しながら後で解雇予告通知を送ってくるのは予告手当を払いたくないためであり、裁判・審判になることを予想して懲戒解雇の内容を付加したり、同意書で解雇の追認措置を取ろうとするのです。

このように解雇のやり方が巧妙になると、労働者の側もユニオンの指導を受けて証拠を残す事が重要になります。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード