FC2ブログ

少なすぎる裁判の解決金!

日本の労働裁判で、和解案として出される裁判や審判の解決金があまりにも少ない。これは日本の労働裁判が基本的に未払い賃金だけという「現状回復主義」をとっていることからきている。

解雇裁判で普通1年半かかり勝利すると1年半分の未払い賃金が払われる。アメリカのような懲罰的慰謝料は認められない。だから解雇のやり得となっている。未払い賃金から弁護士の着手金や成功報酬を払うとわずかしか残らない。労働者が裁判を闘うには家族が低賃金のアルバイトで糊口をしのぐ苦しさを必要とする。違法解雇には懲罰的慰謝料を認めるべきだ。

もっと少ないのがセクハラの慰謝料だ。裁判をしても採算が合わない額の慰謝料しか裁判所が認めないのである。これでは泣き寝入りするしかない。これではセクハラが無くなりはしない。日本の裁判所は人格権侵害の慰謝料が少なすぎるのである。

解雇だと未払い賃金が1年半分支払うことになる。セクハラなら安いので退職強要をセクハラで行う経営者もいるほどだ。アメリカなら何億円の慰謝料だが日本は弁護士の着手金や成功報酬を払ったらほとんど残らない金額しか裁判所は解決金を認めないのである。

精神的暴力に対する司法の判断が桁違いに軽いので違法行為のやり得となっている。職場のいじめも相変わらず多い、5月に自殺者が多いのは新入社員への精神的暴力(いじめ)の結果である。

司法はアメリカ並みとは言わない、せめて労働裁判で未払い賃金と同額の慰謝料を認め、セクハラなら解雇裁判並み(1年半分の賃金)の解決金を認めるべきだ。経営者が違法行為をやっても、泣き寝入りが多い現状は民主主義日本の恥だ。経営者の違法行為のやり得を許さない司法の姿勢が問われているのである。
関連記事

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード