FC2ブログ

無責任体制の弊害が事態を深刻化させる!

AIJ投資顧問の浅川社長は年金基金から運用を任せられていた1500億円を消失させたが年収を7000万円ももらっていた。いくら年金基金を損失しても、誰も責任を取らなくてよいのだから気楽な仕事である。

福島第一原発の爆発事故は「安全」神話に胡坐をかいた無責任体制の帰結だ。東電も原子力保安委も原子力安全委員会も誰も責任をとっていない。「想定外」という言葉で全てかた付けられている。

組織が無責任体制だと碌な結果にならないというのが教訓であろう。無責任体制の弊害は明らかだ。年金運用会社はどこもAIJと同じような無責任会社で、多くが年金基金の資金を消失させていると言われている。

無責任な組織・制度にしてあるのは天下り幹部が責任を負わせられないようにしてあるのだ。つまり無責任体制が重大事故を招いていると言えるのである。

日本のあらゆる組織・制度を点検するうえで、責任の所在が明確にされているかを点検しなければならない。誰の為の組織か?は無責任体制に現れる。官僚がうま味を得る為の天下り先は、ほとんど無責任体制なのだ。

政府は役立たずの無責任体制の組織はすべて解体するべきであろう。
関連記事

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード