巨大津波の想定に備えよ!

内閣府の検討会が31日に発表した南海トラフの巨大地震についての最大34,4メートルの巨大津波には誰もが驚いたが、つい最近東北の巨大津波を目の当たりにしているので、それもあり得ると思わざるを得ないのである。

20メートルの津波が想定されるのが6都県23市町村に広がった。2分から5分で果たして避難できるのか?疑問だ。間に合わない地域には鉄骨の避難所の建設と救命具の備えを急ぐべきである。

とにかく地球規模で大地震の活動期を迎えているのだ。江戸時代の地震の活動期よりも津波は大きいと考えた方がいい。
津波が30メートル~20メートルというと防ぐのは不可能なので、逃げることと、救命措置を考えるしかない。

震度7だと木造家屋の相当数が崩壊する。下敷きになると津波から逃げることもできない。建物の耐震化も最低限行わないといけない。避難カプセル方式も考えた方がいい。

東北では高台の地価が高騰している。家の新築は高台に作る傾向が全国的に広がると見ていいい。つまり町造りの計画も根本から計画をし直す事が必要だ。

第二の列島改造が必要だ。静岡の浜岡原発は安全確保が難しい事態となった。21メートルの津波を防ぐ堤防が可能とも思えない。20メートルの津波だと学校を避難所にできなくなる。避難計画を早急に作り直すことが必要だ。
関連記事

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード