FC2ブログ

真っ先に賃下げという傾向でいいのか?

最近は深刻な赤字でもないのに、民間も公務員も真っ先に賃下げが行われる。
消費購買力が縮小・減退しているデフレ下の国民経済を回復させる方策は忘れ去られ、すべてのしわ寄せが貧困層に向けられているように思う。

いつの間にか所得税は金持ちほど税率が低くなり、貧乏人に高負担となっている。消費税増税ばかり語られ、官僚の天下りや、埋蔵金はどこかえ行ってしまった。

労働者はリストラにおびえ、賃下げと残業代不払いに労働意欲を失い、将来に夢を持ちようのない時代となった。
民主への政権交代で一度は希望が芽生えたのだが、いつの間にか第2自民となり、国民を裏切る政権となった。

労組の家畜化が、労働者の地位の低下の原因である。労組がチェック機能を果たせなくなって、企業の腐敗が進んだように思う。既存の組織、既得利益集団が腐敗したのが東京電力の福島原発の事故に表れているように思う。あれだけの事故であるのに誰も責任を取らないのだから酷いものだ。

目先の利益のために真っ先に賃下げ、ついでリストラだ。労働者をいとも簡単にクビにする。労働組合が解雇された労働者を守らないのだから酷いものだ。日本の企業は以前は解雇だけは最後の最後にするのが常識だった。今は首切りの口実を探し、なければねつ造してでも首を切る。

こうした経営姿勢が、日本企業が失ってはならないものを失うことにつながっているように思うのである。経営者のセクハラも、パワハラも奢りの反映なのである。それと反比例して日本企業の活力が失われているのだ。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示


!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード