残業代請求について!

残業代を請求する場合は十分な証拠をそろえるようにして下さい。最近の残業代請求の裁判では残業は命じていないとしたり、もともと業務でない仕事をしていた、などと主張してきます。

また企業が時間管理を放棄するためタイムカードを廃止しているところも多く見受けられます。
時間管理がされていない事業所では自分で手帳に退社時間と、何の仕事をしたかメモをしておく必要があります。

また「管理職だ」等と言って役職手当もない「名ばかり管理職」なのに残業代を請求すると降格・減給して来ることもあります。また残業代を払いたくないため「私用電話をした」とか「仕事中に社外に出た」などとあらさがしをしてくる場合もあります。
中には口実を作り解雇してくる場合もあります。

だから残業代を請求する場合は会社があらさがしすることを想定し、あらゆる証拠を準備しておく必要があります。
整理解雇をしてくる場合もありますから会社の決算書や自分の営業成績の表などもあらかじめ準備しておいた方がいいです。

つまり残業代請求は会社にとって「戦線布告」なのです。だから請求の前に十分な証拠をそろえて下さい。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード