FC2ブログ

北アルプスで遭難が相次ぐ!

北アルプスで4日から5日にかけて遭難事故が相次ぎ高齢者8人が死んだ。
遭難の原因は悪天候なのに夏の装備だったことだ。

北アルプスは6月でも雪になるのに夏の装備で登り、しかも雪洞を掘って非難することもしていなかったようだ。死因は低体温症だった。装備が冬山のものであれば遭難は無かったと思われる。

60歳代から70歳代の高齢者であるのに甘いと言うしかない。温暖化のせいで天候の急変は激しく、3000メートル級の山登りはハイキングとは違うのである。

吹雪になることの備えも無く、この時期に夏山の服装と装備で登るのは自殺行為といえる。ここ数年高齢者の登山での死亡は年間1000人を越えているそうだ。

高齢者は体力が低下しているのだから十分な装備でも危ない。ハイキング程度の登山にした方がいい。自分が60台も半ばで体力の衰えを自覚しているだけに他人ごとではないのである。
関連記事

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード