刺青を理由に配転や、回答拒否に制裁!?

大阪市が職員の刺青を理由に配転したり、調査に協力しなかったとして「昇進させない」(橋下市長)というのが問題になっている。これは人権侵害ではないか?もし暴力団が市の職員になっているのなら、誰の紹介か、採用の経緯を調べる必要があるが、維新の会のやり方は強引過ぎるのではないか?

確かに刺青をちらつかせて脅したのなら問題だが、刺青をしているだけで配転の理由になるのか疑問だ。問題は仕事をキチンとしているかどうかで判断すべきだろう。

市の職員の政治活動に重い刑事罰を加えようとしたり、労使交渉を厳格に規制し、管理運営事項については一切労組に口出しさせないというのも行き過ぎのように思う。

大阪市長の橋下は弁護士ではないのか?弁護士が思想調査を指示したり、刺青で差別したり、人権侵害ばかりやっている。
維新の会は、遅れている震災対策など必要で急ぐべきことは何もやらず、労組を市庁舎から追い出したり、職員イジメばかりやっている。他にやるべきことがあるのではないか?
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード