野田首相の政治家としての資質に疑問?

政治家というのは階級間の利害の調整が仕事だ。とりわけ民主党のような寄せ集めの政党では調整力が物をいう。
野田・小沢会談を見ると小沢が「考えが変わっていない」と事前に言っているのだから、野田が小沢の考えを変える調整案を提示するのかと思ったが、それもなかった。

ただ小沢に協力を求めたというアリバイを作っただけなのだ。つまり野田は初めから自民と野合して消費税増税を強行する腹だったのである。小沢や鳩山にすれば国民に公約したマニフェストをことごとく投げ捨てられて立ち場が無くなっているのである。これでは野田に協力はできない。

政権交代を果たしたものとして、小沢は「国民の生活が第一」を掲げた原点に返らないと国民に民主党は見放される、と考えている。国民を裏切り政・官・財・米の既得利益集団の延命のための増税の前に、すべきことがあると小沢は考えている。
私には小沢や鳩山の方が筋が通っていると思う。

日本の株価が下がり続けているときに消費税を10%にして国民経済が持つわけがない。民主党政権がガタガタなのは経験の豊富な小沢を政策決定から排除しているからなのだ。にやけた閣僚が多い野田政権は、消費税増税で日本を潰すことになる。

小沢にはなにかと言うと「説明責任」を問題にするのに、原発の地震・津波対策はどのように解決したのか?電力会社となれ合いの原子力保安委員会はどのように改組したかの説明が、未だに国民にされていないことが問題なのだ。説明責任を果たさない内に再稼働しようとするから、国民が不安になるのだ。

とにかく菅・野田と続く民主党政権は幼稚な政権で、利害の調整すらできない。自民のおそまつ総裁と幼稚幹事長といい勝負だ。日本の政治がお粗末でたえず混乱するのは、アメリカや官僚が介入し、操ろうとする従属国の特徴を示している。
関連記事

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード