労働相談者へのお願い!

労働相談者の中で相談者が不利な事を隠している場合が多々あります。ユニオンや弁護士には不利であることも隠さず話してもらわないと、その対策が前もって取れず、審判や裁判でとんでもない証拠が会社(被告)側から出され、その時点で敗北が明らかとなり、裁判や審判を取り下げる羽目になることがあります。

ユニオンは、相談者の立場でその説明を信じて闘いを組み立てます。ところが本人が在職中に重大な不正をしていたことが隠されていたりすると、弁護士にも迷惑をかけることになります。また本人も無駄な費用や時間をかけて「とらぬ狸の皮算用」で終わることになります。

ユニオンや弁護士に隠しごとをすることは、それで自分が有利になるのではなく、逆に墓穴を掘ることになる場合が時にあるということを理解してください。。

本人は自分の不正は会社に知られていないと考えているのですが、裁判で会社側から不正の動かぬ証拠を突きつけられると、即敗訴になるので隠し事は自分が不利になるということを理解願います。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード