解雇の泣き寝入りが多い理由!

労働相談を受けていて、泣き寝入りが多いのを非常に残念に思います。勤続が15年もあり、しかも聞くと違法解雇なのに闘おうとしない人がいます。

裁判の着手金が無いと言う人も少なくありません。「闘ってもユニオンにたくさん取られるのでしょう。」という人もいます。新世紀ユニオンは解決金などから10%の拠出金を出してもらいますが、他のユニオンのように30%~50%も取るのは間違いであり、反対です。

ユニオンの評判が悪すぎて労働者が闘うことを諦める場合も多いようです。弁護士に払う着手金が無いので団体交渉をしてくれという人もいますが、解雇や残業の証拠が全くない人もいます。証拠が無ければ交渉も成果を得ることはできません。せめて証拠を残すようにして下さい。

ユニオンを社長恐喝の道具立てに使おうとしたり、在職中に違法行為をしていたのを隠して会社から金を取ろうとする人もいます。こうしたユニオンを不当な金もうけの手段に利用することは必ず失敗しますので、やめた方がいいです。。

解雇の泣き寝入りが多いもう一つの理由は弁護士の着手金や成功報酬に比べ解決金等が少なく、裁判を闘うメリットが少ない事があります。

しかし労働者の方に解雇にされる理由が無いのに不当に解雇された場合は、裁判で断固闘い労働者の権利を守り、和解で正当なお金を取ることは絶対に悪いことではありません。遠慮せず闘うようにして下さい。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード