電機業界で大規模なリストラがやられている!

パナソニック(旧松下電機)が本社の人員(約7000人)を半分に削減し、シャープが5000人のリストラを発表した。

これらの企業は退職上積み金を積んで「希望退職募集」(内実は指名退職強要)で辞めさせることになる。この場合「転職支援制度」なる結構な制度で、受け皿会社で自分で転職先を探すことになる。(探しても転職先はほとんどないのだが)

この場合の退職勧奨のための面談が何回も行われ、「あなたの仕事は無い」「あなたの能力では当社では生かせない」などと精神的に追い詰めていく。

この段階でリストラの対象者が当ユニオンに加入すれば雇用を守ることができます。新世紀ユニオンには雇用を守るノウハウがあります。できるだけ早く当ユニオンに御相談ください。

今、割増退職金をもらっても事実上転職は難しく、派遣やアルバイトや契約社員(いわゆる非正規)で食いつなぐことになります。できるだけ雇用(正社員ポスト)を守る道筋を追求してほしいと思います。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード