FC2ブログ

新聞報道によると東電は原発からの撤退を考えていた!

新聞報道によると東京電力は福島第一原発の冷却ができなくなり、爆発を避ける為のベントを開ける作業もうまくいかないとして、全面撤退を考えていた事が公表されたテレビ会議の内容で明らかとなった。

東電はテレビ会議のすべてを公開すべきで、都合の悪い個所が隠ぺいされている可能性がある。今回の福島第一原発の事故で誰も責任を取っていない事が問題である。

無責任な体制が続くのでは万全の安全措置とはいえない。東京電力の隠ぺい体質を改めることが重要だ。そのためには原発の管理者が無責任体制ではいけない。責任の所在を明らかにすべきだ。

東電は当初から政府の介入を批判していたが、実際には政府が言っていた原発からの全面撤退を東電は考えていたのである。公開されたテレビ会議で炉心溶融の1時間前に、全面撤退のバス使用が話されていたのである。

原発事故の言い訳を「想定外」という言葉を繰り返す無責任な連中に原発の管理をさせてはいけない思うのである。
関連記事

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード