職場でのいじめ・嫌がらせをやめるべきだ!


日本の場合は合法的に解雇するのが容易ではない。もともと終身雇用で来たのだからそのような法体系になっている。

ところが賃金の安い、いつでも解雇できる非正規が合法化された事で、職場でのいじめ・嫌がらせが増えた。賃金の高い正社員を苛めて辞めさせ、非正規に切り替えることが利益になる、結果として鬱病の増加を引き起こしているのである。

最近では職場の4分の1が鬱病だと言う職場も珍しくない。企業が解雇予告手当を払いたくないため労働者をいじめて、自己退職に追い込むことが社会的経費を増やしていることになる。

労働者を一生懸命に働かせる事が、精神的プレッシャーをかけることだと思っている経営者が増えた。いじめや・嫌がらせを労務管理にすることが、愛社精神を踏みにじり、働く生きがいを奪っていることに気づくべきであろう。

職場での普遍化したいじめが、子ども社会に反映して学校でのいじめが拡大していることを指摘しなければならない。

最近の労働相談はイジメ・嫌がらせが特に多い。「希望退職募集」の名で退職強要するためのリストが作られて、面談でいじめて辞めさせているのである。

これでは会社ぐるみで社員の愛社精神を踏みにじっているに等しいのである。結果は能力はあるがゴマを摺れない優秀な人材が海外に流出することになり、韓国や中国に日本企業が競争で負けることになる。

今日本の大企業で数万人単位のリストラがやられている。その手法は多くが精神的暴力と言えるものである。そして多くの人が鬱病(心の病気)になり職場を去ることになる。

日本の既成の労組はリストラとは闘わない。新世紀ユニオンはこのようなリストラから雇用を守るノウハウがあります。面談で退職勧奨を受けている人は是非相談ください。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード