強欲の資本主義がハラスメント社会を生んだ!


賃金の比較的高い正社員をリストラし、安上がりな非正規と入れ替える動きはまだ続いている。長年働いてきた人を辞めさせるため、企業が一方的に出向に出したり、一方的に大幅賃下げしたり、嫌がらせのような仕事に配転したり、いかに自己退職に追い込むかが人事の仕事になった。

嫌がらせが手法だから、精神的暴力でうつ病をやむ人が増えている。つまり企業のリストラが消費を少なくし、円高にして、再びリストラを招く悪循環は無くなってはいないのである。こんな事を繰り返しているために日本の国民経済は次第に疲弊し、活力を失っている。

若い層が非正規労働で、展望のない人生を送っている。日本は世代の再生産が難しい時代を迎えている。つまり海外に生産拠点を移した結果、産業が空洞化し、資本主義が労働者を食わせる事ができなくなりつつあるのだ。

増税とリストラが経済的にも精神的にも人々を蝕んでいるのである。強欲の資本主義は一握りの勝ち組と99%の負け組を生み出すのである。

改革を掲げた民主党は裏切り、自公民の大連立は増税を強行したが、それは1%の勝ち組のための増税なのだ。職場での嫌がらせでリストラすることが、日本をハラスメント社会とした。

年間3万人もが自殺する社会、年間数百人の子どもが自殺する社会は、病んでいるとしか言いようがない。

働く生きがいの無い非正規労働は1日でも早く無くすべきである。強欲の資本主義がいかに社会の活力を奪っているかを知るべきだ。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード