自民安部の、国債の日銀引き受けに反対する!


デフレ経済だからインフレをやるというのだから安部は馬鹿というしかない。現在の日本の経済的縮小再生産は、強欲な大ブルジョアが規制緩和で賃下げと中小商店の市場を奪いつくした結果、人民が貧困化し個人消費が冷え込んだ結果である。

決して通貨(円)が不足しているからではない。国債の日銀引き受けは戦争時に取られるが、それはハイパーインフレを引き起こし、国民の個人金融資産を紙切れにする。資産を保全するには外国に移すしかない。日本の個人金融資産はすべてアメリカ金融資本に獲られることになる。

こんな売国的政策を、得意げに語る馬鹿が総裁なのだから、今の自民党は馬鹿ばかりだ。世界が保護貿易に進んでいる時に、TPP賛成にまわる石原も話にならない。いくら橋下維新に合わせるといっても、譲歩してはいけないことと、そうでないことがある。

民族的利益を守る立場で、消費税反対・TPP反対・インフレ政策反対の政党は大同団結し、統一戦線を形成するべきだ。そうすれば売国勢力の自民・民主・維新に勝てるであろう。

今回の選挙は民族的利益の放棄か、それとも守るのかの選挙となった。アメリカの意図がTPPとインフレ政策として反映している。消費税もアメリカが日本の予算の略奪を狙って推進したものなのだ。アメリカの意図を代表する民主・自民・維新に投票してはいけないのである。
関連記事

テーマ:衆議院解散・総選挙 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード