FC2ブログ

「辞めてもらう」と退職届を書かせる手口に注意!

若い女性の相談で、試用期間中に突然解雇になった。上司が「辞めてもらうので早く退職届を書け」「これから出張だから早く書け」と無理やり退職届を書かされた、というのです。この女性は当然もらえる予告手当1か月分をもらえなくなりました。退職届を書いたことで解雇ではなくなりました。自己退職と解雇の違いを正しく認識しなければなりません。

「辞めてくれと言われて辞めたのに予告手当をくれない」と言う相談もあります。良く聞くと社長が「辞めてくれ」と言うので退職届を書いた、と言います。「辞めてくれ」と言うのは解雇ではありません。雇用契約の解消の申し入れに過ぎないのです。退職届を書くと自己退職になり、当然予告手当はもらえません。

法律は「知らなかった」という主張は通りません。「辞めてもらう」と言われたら「私は辞めるつもりはない」と答えて下さい。会社が解雇通知をしないのは予告手当を払いたくないからです。だから絶対「退職届」や「退職勧奨合意書」にサインしたり印鑑を押してはしてはいけません。

たとえ試用期間中であっても「辞めろ」と言うなら解雇通知書を渡せばいいのです。しかし即日解雇すると予告手当を払う義務があるので、経営者は詐欺師のような事をしてきます。最近似たような相談が多いのです。「脅されて退職届を無理やり書かされた」という相談もあります。

たとえ「こんなブラック企業では働きたくない」と考えていても絶対退職届を書いてはいけません。自己退職になって予告手当をもらえなくなります。解雇された方がむしろ闘いやすいことを覚えていて下さい。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 地位確認請求訴訟が一番奴らが恐れていること、あっせんを申請すれば、解決金として1カ月分くらいの賃金相当額は貰えるのではないでしょうか?

 
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード