経団連の欲ボケ老人どもの定昇見直し論!


本日の朝日新聞に経営側の春闘方針である日本経団連の「経営労働政策委員会報告」の最終案が紹介されている。それによるとベースアップは「協議する余地はない」と断じ、定昇も「制度の見直しを聖域にすべきではない」と明記している、という。

相も変わらず賃金抑制の姿勢である。大企業は「円高で厳しい」と口では言いながら自分たちは多額の内部留保を積み増しており、強欲にも程がある。

もともと定昇は定年退職者の賃金部分を原資に定昇で前年度の年齢の人と賃金を同額にする制度であり、定昇が行われないということは賃下げを意味している。つまり企業側の腹は痛まないのだから、定昇制度廃止は元手無しの、簡単な利益増額策なのである。

現在の日本経済は企業側の強欲な賃金切り下げ策で個人消費が減退し、それに伴い物が値下げしないと売れないのである。こうして国民経済が衰退しているのが今の日本経済なのである。なのに、まだ賃下げ策を続けるというのであるから、馬鹿としか言いようがないのである。

この欲ボケ老人に、賃上げ自粛で追随するのが「連合」傘下の家畜労組だ。
労働組合が強いドイツは高い経済成長を続けている。労働組合の行き過ぎた家畜化は資本主義にとって有害だということを知るべきだろう。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード