本日付け当ブログへの書き込みについて!

<解決金は賃金ではありません>
すでに1月25日のブログへの書き込みについては、当グログで説明しましたが、本日新たな書き込みがありました。それは「解決金も賃金だ」という意見ですが、これは完全に間違いです。

違法解雇についての裁判や審判での和解条項には、例えば退職日について解雇日に会社都合での退職とすることで、解決金は賃金としては扱われず。実際の裁判や審判での和解は賃金ではないとして扱われています。(退職日を和解日とすれば解決金ではなく未払い賃金として扱われますので注意してください)

多くの社労士の方が陥りやすい間違いは、彼らは判例法を知らないので法律の実際の解釈(これは裁判所が行う)を考慮せず条文を機械的に解釈し、間違ったことをネット上で振りまいて、多くの方を惑わしています。

解決金が賃金であるなら、解決金が支払われない場合未払い賃金の立替払い制度を受けることができるはずですが、実際には解決金は未払い賃金の立替払いの対象とはなりません。従って労働組合が解決金を組合の口座に振り込ませても(当ユニオンは組合の口座に振り込ませることはしていませんが)労働組合には代理権があるので違法ではありません。

団体交渉や裁判・審判で和解するのは、事案を早期に解決することで労働者の負担を軽くする意味があり、また未払い賃金や慰謝料の額で話し合いをしてもまとまらないので、一括して解決金として和解するわけで、これは賃金ではありません。

実際の運用状況を知らない者が法律の解釈を弄んでもそれは空論です。間違った見解で労働組合を批判する事は良くありません。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード