解雇事案での解決金の高低の差は何故起きるのか?

大阪のある野党系労組(個人加入)の大会資料を見せてもらう機会がありました。その労組の解雇裁判の1件当たりの解決金は約180万円です。新世紀ユニオンの昨年の解雇事案での裁判の1件あたりの平均解決金は約595万円です。

解雇裁判での解決金の高低差は、第一に解雇者の所得の高低による差、第二に裁判の証拠の多さによる差(=勝利的和解か敗北的和解か)によって変わります。当ユニオンは昨年比較的賃金の高い人の解雇事案であったこともありますが、新世紀ユニオンは証拠の集め方が、他のユニオンより巧みであることも、勝利的和解による解決金額の高さに表れています。

解決金が低い額の労組(ユニオン)は、解雇された人が相談に来ると組合に加入させると、すぐ団体交渉を申入れ、これで解決できない事案を裁判で解決するため、証拠の収集が後手に回り、結果低額での解決金となっているようです。

新世紀ユニオンでは、まず最初に時間をかけて証拠を集めることに集中します。これが重要なのです。ユニオンに加入を考えている人は、解雇裁判での解決金の平均金額を聞くこと、また規約でのユニオンへの拠出金が何%か聞くようにして下さい。新世紀ユニオンでは10%です。ユニオンの中には20%~30%酷い例では半分を組合が取る例もあるので気を付けてください。

解雇事案では審判だと解決金の相場が低いので、なるべく裁判で闘うようにして下さい。裁判だと新世紀ユニオンの場合、昨年の解決金を給与の月数にすると1件当たり平均15.5カ月分に当たります。ユニオンもピンキリだということです。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード