FC2ブログ

パワハラやいじめで精神的病気になった場合の対応!


労働相談で、職場でのいじめで病気(適応障害やうつ病)になって、「私病」扱いで休職し、退職を迫られる人が増えています。

平成23年12月に精神障害の労災認定基準が新たに定められました。以前に比べ労災認定がされやすくなっていますので、職場でのいじめやパワハラについての証拠を準備するようにして下さい。

証拠には診断書(コピーでもよい)を提出するだけでなく、1か月80時間以上の時間外労働、仕事上の役割・地位の変化、対人関係のトラブル、セクハラ、業務で違法行為を強要された、仕事内容・仕事量の大きな変化があった、仕事以外に病気の原因がないこと、など労災の証拠が必要です。特に発病前6カ月の証拠が重要です。

会社が労災を認めなくとも労災は自分で労働基準監督署に行き用紙を貰い申請の仕方を教えてくれます。絶対に私病にしないでください。労災中の解雇は出来ません。会社に言われるがまま「私病」にするから休職中に解雇に追い込まれるのです。

「私病」にされても、診断書があれば後から労災申請が出来ます。職場でのいじめやうつ病で休職し、退職を迫られている人は一度新世紀ユニオンに相談ください。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード