FC2ブログ

職場での闘いにおいて重要なこと!

解雇になった労働者は職場で即断したりすることはありません、しかし職場で退職強要を受けている労働者は、会社側の対応に即断しなければならないことが多々あります。

ユニオンから証拠を残すよう指導を受けたときは、どのようにすれば相手が油断し、証拠が取りやすくなるか、その必要条件を作ることを考えなければなりません。突然解雇を言い渡されたとき、解雇通知書は受け取ってもいいが、会社のカギや入門証などを返せ、といわれたとき、返却することが解雇追認にならないか?を考えなければなりません。

上司から、怒鳴りつけられ「土下座をしろ!」と命じられたら,それが衆人の中であっても土下座をしなければなりません。そうすることでパワハラとなります。一人だけ草むしりを命じられたら、草むしりをしてください。命令を実行しなければパワハラではないのです。(つまり闘いには、証拠を残す段階、闘いの段階があります。)

専門職であるのに、違法な配置転換で雑用を命じられたら、それに従いながら一定の時期に異議の申し立てをしなければ、その配置転換を認めたことになります。違法なパワハラが行われたのに、不用意に「パワハラと思っていない」などと言質を与えれば闘えなくなります。

会社がとっぜん解雇してきて、退職金を渡され、受け取りにサインしろといわれ、サインしたら、その領収書が「退職合意書」であって、合意退職したことにされる場合があります。
会社が「〇〇賃金制度」を口実に大幅な賃下げをしてきたとき、「〇〇賃金制度を知っている」と言質を与えたばかりに、賃下げを闘う上で不利になることがあります。会社はその〇〇賃金制度」を労働者に開示せずに賃下げの口実にしている場合、「その名称は聞いたことがあっても、その制度は知らない」と答え、言質を与えないように気を付けなければなりません。

就業規則を開示してくれと求めたのに、会社側が就業規則を1ページだけコピーを開示し、(録音しておいて)就業規則を全部開示したと主張する場合があります。これは姑息な社労士がつかった手口ですが、このような時はその1ページを携帯で写真を撮ったうえで返すようにすべきです。

配置転換辞令を受け取ったら、人事が「追認した」と主張してくるときがあります。その時は書面で違法な配置転換なので拒否する旨通知しておかねばなりません。このように職場での闘いは常につばぜり合い、だましあい、の世界なのです。

ユニオンの指導を思い起こし、アウンの呼吸で判断しなければなりません。この場合のポイントは「証拠を残すが相手に証拠は与えない」会社側に追認と主張させる可能性があると思ったら、相談の時間を稼ぐため「家族と相談する」と答えて、すぐに言質を与えないことです。

昔のことですが、会社の攻撃に屈服して「始末書」を書いた若い労働者が、その日運転する車が全壊するほどの大きな交通事故を起こしたことがあります。会社の排除攻撃を受けていると精神的に疲弊したり、屈服を後悔して、注意力が散漫になり交通事故を起こす場合が少なくありません。仕事で重大なミスをする場合もあります。組合員で攻撃の標的と自覚している人は精神的に疲弊している場合、仕事や、運転には十分注意してください。交通事故や仕事上のミスは、相手に攻撃の口実を与えることになります。

ご連絡、「新世紀ユニオン・ニュース」8月号の発送が遅れています。今少しお待ちください。
#解雇の追認 #闘いの段階性
新世紀ユニオン新ホームページ

ダイヤモンド電機の慰謝料請求訴訟について

令和2年7月9日付のダイヤモンド電機と小野有理を原告とする当ユニオンへの慰謝料請求訴訟について、心配した組合員から他の事案に影響するのではないか?との声が寄せられていますので書くことにしました。

この裁判が他の事案に影響する可能性はないと見ています。ただし他の事案で新世紀ユニオンの闘いに立腹している経営者が「ダイヤモンド電機に続けと」報復の裁判に打って出てくる可能性はあります。ダイヤモンド電機が違法なパワハラを秘書に対して行ったことは事実であり、その裁判が避けられないと見て先制攻撃をしてきたと見ています。

私はこの慰謝料請求訴訟は「争議つぶし」「ユニオンつぶし」を狙った不当労働行為であり、違法な訴訟であると考えており、正々堂々と闘うまでです。

団体交渉では秘書職で雇用した人を現場に配置転換し、重量物の運搬などをさせ、退職勧奨し、それを拒否するや約13万円近い賃下げを行ったことは完全に違法ですが、会社側はパワハラを否定し、賃下げの正当性を主張しました、ゆえに交渉は決裂しました。その3日後に、この訴状が提出されており、はじめから団体交渉で誠実に交渉する意思がなかったことは明白です。

憲法28条は労働者の団結権、団体交渉権、団体行動権を保証しています。組合のあらゆる宣伝はこの団体行動権に基づくものです。新世紀ユニオンは大阪府労働委員会から資格審査決定書を交付されており、つまり労働組合法の保護を受けています。刑事責任の免除(労組法1条2項)、民事責任の免除(労組法8条)で保護されています。

ダイヤモンド電機の本ブログ記事が抽象的批判・表現となったのには理由があります。組合員の秘書職としての守秘義務があると考えたからであり、ゆえに具体的表現を避けました。ダイヤ側の代理人弁護士が「名誉棄損」と主張していることには、すべて具体的事実があります。

幸い、先の団体交渉で会社側が「秘書職で雇用していない」と主張したので裁判書面では具体的事実を書けることになりました。相手側訴状はおかしいことに、パワハラ争議の内容(訴えの経緯)には全く触れていないのには驚くばかりです。ユニオン側が答弁書の書きようがないぐらいでたらめな訴状です。

また本ブログに、相手側の人物とみられる複数の書き込みがあり、「ユニオンがダイヤモンド電機のブログを消したのは違法を認めたことだ」と喜びつつ書き込んできました。私がブログを消したのは事実の調査のためであり、不当労働行為が明らかになれば再びブログ記事を復元します。これが新世紀ユニオンのやり方であり、決して負けを認めたわけではないので誤解しないようにしてください。
新世紀ユニオン新ホームページ

天心会・小阪病院事件(地労委)のご報告!

ダイヤモンド電機の訴状が当ユニオンに送達されてきた日(7月30日午後)に天心会・小阪病院事件の大阪地労委の第8回調査が行われました。この日までに当ユニオンは準備書面(7)を提出していました。相手側は当方の書面への反論はなく、申立期限の1年を過ぎているので却下すべきと主張する書面を出しています。

この日までに、当方は証人尋問申請書3通(Aさん・局長・次長)を提出していました。しかし敵性証人の局長・次長の申請書は「本人の承諾がない」とのことで取り上げられませんでした。また小阪側(被申立人)が証人申請を一切していないことが地労委側から報告されたので、当方のAさんへの証人申請も急遽取り下げました。

つまり大阪地裁での裁判の証人尋問を前にして、相手側に手の内を当方だけがさらすと裁判の人証が不利になるので、裁判を優先するため地労委の証人尋問申請をその場で取り下げました。つまり天心会・小阪病院事件(地労委)は証人尋問無しに調査を終了し、最終準備書面を出して、審問の上、地労委の命令が出ることになりました。したがって大阪地裁判決よりも先に地労委命令が出ることになると見られます。

この事案の焦点は、当ユニオン組合員(Aさん)を排除する不当労働行為が次から次に継続して展開され、しかも当該組合員がパワハラで重い精神疾患になり、労災で療養中にも配置転換を口実に保険証を1年2か月間も使えなくし、Aさんの家庭は病気をすると現金で支払いを行う必要になり生活は窮迫しました。東大阪簡易裁判所の調停で和解し保険証が交付されるや、すぐに小阪病院は労災療養中のAさんを「自然退職」としました。労災での療養中の組合員へのこうした攻撃の結果、Aさんの精神疾患が悪化し、地労委への「救済申し立て」のための打ち合わせもできなくなりました。これが当方の申し立てが遅れた原因です。

つまり天心会・小阪病院(被申立人)側の主要な主張の「1年の申立期限を過ぎている」との主張の原因はすべて被申立人側に責任があります。ましてやパワハラで精神疾患にしたことは明らかで、労災療養中の解雇は違法であるので、当方は勝てると確信しています。

もっとも違法なことも平気でする相手なので、どのような命令が出ても、この事案は中労委に行き、最後には訴訟になるのは確実です。以上が天心会・小阪病院事件の現状報告です。
新世紀ユニオン新ホームページ

ダイヤモンド電機から慰謝料請求の訴状2通!

昨日、地労委の期日でしたのでユニオンを出ようとしていた時裁判所の送達郵便物が2通来ました。本日開封して読むとユニオンと委員長を被告とし、委員長のブログの内容が名誉棄損であるとして金110万円の請求、ブログの削除、謝罪文の掲示などを内容とした訴状でした。

これまでダイヤモンド株式会社からはブログの内容に抗議の書面も来ていなかったので、民主的な会社かと思っていました。新世紀ユニオンでは、これまで企業側から抗議があれば、まずブログを削除し、事実関係を調査し、事実だと確認されたら掲載を開始するようにしています。小阪病院の場合もそのように対応しました。

この事案では、ダイヤの社員である鳥取の組合員本人から返信がなく、ユニオンと遮断された状態が生起している矢先のことから、何人かの役員と緊急協議し、3つの可能性があると判断しました。

一つは組合員のAさんが会社に脅迫され組合との関係を断つよう迫られたのか?(この場合不当労働行為)二つ目は会社側が初めから陰謀を仕掛けたのか?三つ目はAさんが希望退職募集の条件がいいので日和見したのか?以上の3点の可能性があると判断しました。
以上の諸点から、今までどうり、とりあえずブログ記事を削除し、事情を調査して対応を検討することにしました。慰謝料請求の裁判については断固応訴することになると思います。大阪府労働委員会から労働組合資格審査決定書を交付されている労働組合の争議宣伝に、突然不当にも慰謝料請求の裁判を仕掛ける会社側の狙いがよくわかりません?たぶん表現の自由の侵害が目的だと思います。

新世紀ユニオンは専従の給与さえ結成以来一度も支払えない貧乏ユニオンです。そこからお金を取ろうというダイヤモンド電機のさもしい考えが理解できません。訴を提起する前になぜ書面でブログの削除を求めないのかも理解不能です。おそらくブログの内容が正鵠であることを理解しているからでしょう。

ユニオン役員等に訴状などの資料を配布し、個別に意見を集約し、今後の対応を決める予定です。コロナ対策で会議が開けないので、時間はかかるが意見集約の形を取ります。ご理解ください。
新世紀ユニオン新ホームページ

ユニオンでパソコンの練習ができます!

組合員の皆さんへのご連絡!
新世紀ユニオンの組合員の中にはパソコンを持っていない人、未だにガラケイの携帯を使っている方がいます。パソコンが使えない人もいます。

皆さんご存じのとおり、ユニオンには現在パソコンが3台あります。いまでも組合員がユニオンに来た時にブログの書き込みなどに使用していますが、これまでパソコンを使ったことがない人にも、パソコンの練習をしてもいいようにしたいと考えています。

しかしコロナ感染症が広がりを見せているときでもあり、密にならないようにあらかじめ予約制でユニオンのパソコンで練習ができるようにしたいと考えています。

私はパソコンに、あまり詳しくはありませんが、初歩的なことは指導できると思いますので、希望者は申し込みください。土曜日・日曜日でも構いません。
労働者が職業能力を身に着けることは何歳になっても必要なことです。遠慮せずにユニオンでパソコンの練習をしてください。

パソコンを学びたいという人が何人かできたら、組合員の中からパソコン教室の指導者を募集したいとも思っています。
新世紀ユニオン新ホームページ
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード