4人に一人が自殺考えた、日本は自殺社会!

朝日新聞の報道では、厚生労働省の意識調査によれば成人の4人に一人が自殺したいと考えたことがあることが分かった。過去に実施した2008年と2012年の調査と比べると増加傾向にあるという。

調査は昨年10月に全国の20歳以上の男女3000人を対象に書面で実施し、2019人から回答があったという。それによると23,6%が「本気で自殺したいと考えたことがある。」と答えた。08年の19,1%12年の23,4%から増えている。

警察庁の調べでは自殺統計によると昨年の自殺者数は2万1764人で7年連続で減少しているが、日本の自殺社会が続いている事に変わりはない。

新世紀ユニオンの労働相談でも退職強要のパワハラ、いじめは増えており、うつ病になったという人が増えている。うつ病になると多くが自殺を考えたり、加害者を殺そうと考えたことがあると、言っている。こうした傾向は日本の場合解雇すると予告手当を支払わねばならず、裁判等になると高くつくので、いじめて自己退職に追い込もうとする傾向があることが、結果として社員を精神的に追い込み、結果自殺が増えているのである。

小阪病院(精神科)のように患者への日常的暴力と職員へのハラスメントが悪辣な人格権侵害事件を起こしている例も増えている。労働相談の傾向が示しているのは解雇事案にパワハラが絡んでいる例がふえていることである。

また大学では若手研究者をいじめて追いつめ、研究を略奪する教授が多くいるため、結果自殺が増えているのである。まるでいじめるのは役得とばかりに、仕事を口実に怒鳴り付け、長時間精神的いじめを繰り返す体質は、日本独特のもので、人権に対する教育がおろそかにされていることが問題で、法律的にはフランス等のように精神的暴力を刑事事件とする立法が必要である。

リストラ社会になった日本は、パワハラでいじめ倒し、営業マンをいじめで追いつめ、長時間労働を強要し、安上がりな圧力として精神的暴力で労働者を追い込むことが広がって、いじめが常習化している。厚労省のこの調査は依然として日本が自殺社会であり、ハラスメント社会であることを指摘しなければならない。

長が肩書きに付くと人間は、権力的になり、傲慢になりやすい、そんな人に次の言葉(句)を贈る。
< 実るほど 頭の下がる 稲穂かな >

自己退職と解雇の差は大きい!

「最近解雇されそうになっている」との相談が2件あった。どちらも退職勧奨を受けており、「君が会社をおかしくしている。」とか「あなたに与える仕事がない。」などと退職を促されて、既に面談を数回も受けているという例が多い。

退職勧奨の標的になると、様々な嫌がらせも受ける。それで自分で退職届を書くと、失業給付を90日間は受けられない。有休休暇も消える。たちまち喰うために困ることになる。新世紀ユニオンでは嫌がらせを我慢して録音の証拠を残し、解雇裁判で、最近の例で500万円で和解した人がいます。つまり解雇された方が労働者には大変ありがたいことなのです。

ところが、いきなり「懲戒解雇する」と言われて慌てふためき、動揺し、そこを突かれて「自己退職にしてもいいよ」などと言われて、半ばだまされて退職届を書いてしまう人が多い。社長や人事に「懲戒解雇だと再就職できない、自己退職にしてやってもいい」などと言われて、動揺して退職届を書いてしまい、後悔する人が多い。「後悔先に立たず」との言葉は事が終わった後で悔いても、取り返しがつかない事を言いあらわしています。

新世紀ユニオンの経験で言えば、懲戒解雇は裁判で勝利しやすく、解決金15カ月分は取れる、有りがたい解雇理由、なのである。だから労働者は、会社から「懲戒解雇だ」と言われたら、ラッキーと思って欲しい。少なくとも動揺する必要はないのです。

この場合、退職強要の段階からユニオンに加入し、証拠の書面や録音で勝てる配置をしておくことが重要です。ところがすぐにはユニオンに加入せず、解雇になって加入して来る人が少なくありません。解雇裁判を有利に展開するには、会社が何かの理由で労働者を嫌悪し、様々な嫌がらせをしてくる段階から証拠を残していくのが重要です。解雇され職場を放り出されてから証拠を残すのは難しいので、なるべく早めに新世紀ユニオンに加入することをお勧めします。解雇される前なら、雇用を守ることもできます。

とにかく「辞めろ」とか「解雇だ」といわれ、手続きだと退職届を出されても「家族と相談する」とか「1日考えさせてくれ」と言って時間を稼ぎ、ユニオンに加入して指導を仰ぐようにして下さい。「後悔先に立たず」との言葉は労働者が肝に銘ずるべき諺です。

新世紀ユニオン交流会開催のお知らせ!

組合員の方々から「交流会はいつごろ開くのか?」との問い合わせがくる季節になりました。恒例の5月の交流会を以下の通り開催します。

       記

・日時 5月21日(日曜日)午後1時~4時30分

・会場 新世紀ユニオン事務所

・参加資格 組合員・サポーター

参加希望者は委員長までメールでお申し込みください。定員になり次第締め切ります。

当日、お茶・ジュースなどはユニオンで用意します。

職場で退職強要等に直面している方、遠慮せずご参加下さい。

本日、天心会・小阪病院に団体交渉を申し入れました!


小阪病院がA氏排除のため院内保育所閉鎖・委託に伴い、差別的人事を行い、あろうことか違法な外部事業所への配置転換を行い、病気になったA氏への有休休暇取得の2度にわたる拒否、保険証の取り上げの画策、私物隠匿等、汚い行為が明らかになりましたので、団体交渉を申し入れました。

議題は
   (1)配置転換問題
   (2)有休取得拒否問題
   (3)ブログ、書き込みの削除問題
   (4)その他

です。交渉日時が決まり次第交渉委員を募集します。

小阪病院の患者の不審死等についての隠蔽体質!

小阪病院の弁護士より、当ユニオンのブログの書き込みの内「患者が内臓破裂で死亡した件」や「15歳の少年の転落死」等についての書き込みを「誹謗中傷」「名誉棄損」であるので削除を要求する内容証明が来たので、当ユニオンはこれら事件の判決文、もしくは和解書面、および再発防止措置について書面で開示を求めた。

すると再び小阪病院の弁護士から書面が来て「暴行死した事案」なるものと「下半身まひの事案」なるものが何を指しているか不明です。当会はそのような事案の存在は把握していない。として新世紀ユニオンにそれぞれ事案の概要を明らかにするよう、逆に要求してきた。そのとぼけぶりには呆れざるを得ない。

暴行死の事案では、毎年命日に病院幹部が弔問に訪れていることから和解がなされ、事案が隠蔽されたことは明らかだ。「下半身まひの事案」では当時の主治医が現理事長であり、事件が発覚して主治医を急ぎ交代して逃げたことが広く知られている。小阪病院が「事案が不明だ」として逃げても、職員や多くの患者は「いつもの隠蔽だ」ということが丸解りである。

小阪病院の弁護士は「当会とA氏との間の労使紛争とは何らの関連性もない」としてこれらブログの削除を要求している。だが我々に言わせれば小阪病院の患者の不審死などとA氏を含めた、多くの職員への嫌がらせと退職強要の人物が、同一人物であるから、大いに関係があるので、小阪病院の弁護士の「関連性もない」との主張は断じて認められない。

我々は、小阪病院の局長に毀損すべき名誉の一片も無く、したがって名誉毀損等有り得ないことが明白で、ブログに書かれている事実は全て証人がいるので削除せず、法廷でブログの書き込みの正しさを証明するつもりである。天心会・小阪病院の嘘つきは筋金入りで、団体交渉でも明々白々な事を公然と嘘をつくのが局長と次長である。少しは恥を知れと言いたい。

小阪病院の弁護士が、患者が「暴行死した事案」等を隠すのは刑事事件の時効を意識しているからだろうが、我々は小阪病院の社会的責任・道義的責任を問うているのであり、多くの職員や元職員が知っていることを、「不明だ」ととぼけるところに、この病院のいかがわしさが示されている。小阪病院の弁護士のブログを消せ、との書面は合計4部もあり、毎回同じことを書いているので、4回目の内容証明については、我々は回答する価値も無いので、無視することにした。

広範な読者に対し、裁判での証人に立つ決意のある方は、当ユニオンに申し出るよう呼び掛けるものである。今後公益通報も含め検討しなければならない。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード