FC2ブログ

昨年10月~12月GDPマイナス成長が示すもの!

内閣府が発表した昨年10月~12月GDP成長率は、物価の変動を除いた「実質」で前の3か月と比べて1,6%のマイナスだった。これは年率に換算するとマイナス6,3%となる。

国民が大雨や台風による災害で苦しんでいるときに、安倍政権が消費税を増税しただけでなく、日銀が国債を引き受けて紙幣を大規模に供給し、アベノミクスで2%のインフレをやった結果がマイナス成長となったことは明らかだ。

インフレは国民の預貯金が目減りすることであり、消費増税は国民のお金を直接収奪することだ。昔は右手で大幅賃上げし、同時に左手でインフレで巻き上げたが、今は国民から両手で巻き上げるのがアベノミクスの特徴である。

国民が災害で苦しんでいるときは減税をしなければならないのに、真逆の二重の収奪を行うのだからひどい話で、これでは個人消費が冷え込み、経済がマイナス成長に移行するのはわかりきったことである。

悪いことは重なるもので、今年に入ってコロナウイルスが流行している。観光客が激減するだけでなく、中国から部品が入らなくなって生産まで影響を受ける。中国経済も米中貿易摩擦とコロナウイルスで大打撃だ。中国市場に依存し、生産拠点化している日本経済も打撃は避けられない。

コロナウイルスは日本の検疫体制の不備を露呈した。日本経済は災害・インフレ・消費増税・コロナウイルスの4重苦だ。今こそ減税が必要な時に増税するお粗末な政治、まさに人災ともいえる事態である。政治家が悪化する経済を放置して、利権や賄賂にたかり、国有財産を私物化しているさまは嘆かわしいというほかはない。
新世紀ユニオン新ホームページ
♯アベノミクス ♯消費増税 ♯コロナウイルス ♯マイナス成長

職場の悩みを相談することの意味!

このところ組合員の相談を受けて考えさせられることがあった。職場の組合員の相談にはすぐには解決できないことや、なりいきに任せるほかない相談内容もある。しかし人間は悩みを一人で抱え込むのは精神衛生上よくない、ユニオンに相談することで心が軽くなることもある。

研究の仕事を失いかねない追い詰められた立場にある女性組合員、職場で上司のいじめや、ずさんな労務管理で気持ちよく働けない組合員、職場のミスで処分された組合員、経営側の排除の対象になりかけている組合員、様々な悩みを持った組合員がユニオンに相談に来ます。このところ、数件連続でそうした相談がありました。

感じるのは、日本の組織が部下にプレッシャーをかければ一生懸命働くと勘違いしていることだ。作業標準も作らずに労働者の勝手商いのような働き方をさせておいて、いちいち仕事に文句を言う。処分をしたら仕事のミスがなくなる、と考えている官僚主義的労務管理。女性だから結婚したら仕事を辞めるべきだと考えて追い出しにかかる上司。事業縮小の犠牲は共働きと初めから考えて追い出しを策動する管理者、ナンセンスとしか言いようがない職場が増えている。

こうした相談はすぐには解決できない場合が多い、当面は証拠を残しつつ推移を見なけばならない時もある。解雇などの敵対的な関係にまで至らない限り、すぐには闘いには移れないし、時間をかけてひとつづつ解決していかねばならない。

だけど敵対的矛盾関係にいたらない段階に相談に来てくれるのはユニオンとしてはありがたいことです。はじめから矛盾関係を認識できるので、敵対的関係が生じたときに対処しやすいし、何より本人の気持ちが相談することで軽くなればいい。人間は相談することで客観的にものが見えるようになったり、転進=転職のきっかけになったり、追い詰められた認識が整頓できるだけでゆとりの効果がある。

ですからすぐに問題を解決できないからこそ、一人で悩まずユニオンに相談してほしいと思っています。雇用を守る闘いは、段階性があります。当面は証拠を残しつつ、最悪の事態に備えつつ、転進も考えに入れておく。とりわけ現状は人手不足なので転進・転職も選択肢に入れておくべきかもしれません。とにかく悩みは一人で抱え込まず、どんどんユニオンに相談してください。
新世紀ユニオン新ホームページ

失敗は悪いことではない!

私は四国の定時制高校を卒業し、その後仕事を辞めて図書館に通い100冊の本を読んでから、当時工場地帯の尼崎に出てきました。当時は高度成長期で若者が「金の卵」と、もてはやされた時代でしたが、工場での3交代の労働は、扱いは奴隷と変わりませんでした。

そこで労働運動を経験し、様々な失敗をしました。闘い方も知らず、相談する人もおらず。組合からも会社からも処分され、いじめと、差別を受け続けながら労働運動を続けてきました。その経験からいえることは失敗は決して悪いことではなく、いいことであるということです。

失敗の方が、成功よりも多くの教訓が得られます。仕事で失敗しても、くよくよする必要はありません。なぜ失敗したか?失敗しないようにするにはどうしたらよいか?考えることさえすれば失敗は決して悪いことではありません。

労働運動を指導するようになって、仲間の失敗を聞くたびに、過去の悔しさを思い出して眠れない夜を過ごしました。過去の失敗した経験があるからこそ、その口惜しさと、後悔があるからこそ、私は労働相談を続けられ、闘いを勝利に導く仕事を続けることができます。

昨日、ある組合員から、仕事で失敗して処分されたという相談を受けました。だからこの文章を書くことにしました。「失敗は成功の母」という言葉があります。重要なのは失敗したあとで、なぜ失敗したか?失敗しないためにはどうすればよいか?を考えることです。失敗から学ぶ教訓こそが宝です。失敗こそ人間を成長させる好機だと思ってください。

私は、失敗をするたびに労働運動の理論を学びなおし、闘いには戦略と戦術が必要だと学び、孫子の兵法から、中国や日本の歴史書まで読みました。その中で歴史が闘い方の宝庫だと知りました。「故きを温ね新しきを知る」(=温故知新)のことわざが真理であることを実践のなかで学びました。学ぶことで人間は失敗を減らすことができます。

重要なことは失敗をいつまでも引きずり、くよくよすることではなく。失敗しないために何を心掛けるのか?ということを考えることです。答えがわからないときは秘訣を職場のベテランに聞くことです。教えを乞うことは恥ずかしいことではありません。失敗から学び、同僚からも学び、敵からも「反面教師」として学ぶ、そうした気持ちが人を成長させるのだと思います。
新世紀ユニオン新ホームページ
♯失敗しないため ♯温故知新 ♯反面教師 

ニュースで見えてくるもの!

<言論の自由が社会の安全のためには大切!>


中国のコロナウイルスの拡散が教えているのは言論の自由がいかに重要かということです。若い医師が早期にコロナウイルスの肺炎に気づいて警告していたのを、政府がデマを振りまいたとして処分したことが、武漢などの現在の事態を招きました。

<日本の検疫体制のお粗末さ>


コロナウイルスは、日本の検疫体制のお粗末さを暴露しています。島国ゆえの油断が見えてきます。大型クルーズ船の検疫で検疫官が感染するというお粗末さです。観光立国で年間3000万人以上が日本に来るのに、検疫体制はお粗末なままです。

<反日をいつまで政治の道具にするのか?>


韓国のGSOМIA廃棄の動きが青瓦台で出てきています。4月の韓国の総選挙に向けて反日感情を煽れば与党が勝つのです。反日カードは徴用工判決で差し押さえた日本企業の資産売却とGSOМIAです。資産売却は日本政府の新たな制裁が発動されるので、挑発にはもってこいです。GSOМIA廃棄は北朝鮮との南北対話のためには必要なのでしょう。しかしアメリカが激怒するのは確実です。韓国は国内の選挙のために戦略関係さえ無視するのでしょうか?

<最近地震が多い、東京直下型大地震が心配です。>


昨日2つの地震が連続して起きています。東京直下型大地震だけでなく東南海大地震が起きるのではないかと心配になります。とりわけプレート型大地震への政府の備えは大丈夫なのでしょうか?

<政治の腐敗がひどい中で危機管理は大丈夫なのか?>


森友・家計問題、桜を見る会、IR汚職、次から次に出てくる政治の腐敗。しかも安倍政権の大臣は2人は失脚、もう一人は満足に答弁もできない体たらく。国家財産を私物化することしか考えていない政権で危機管理ができるのだろうか?
新世紀ユニオン新ホームページ
♯言論の自由 ♯検疫体制 ♯反日カード ♯大地震 ♯政治の腐敗

労働事案での証拠は何がポイントか?

労働事案でのポイントとなる証拠は様々ですので以下に示すことを参考にしてください。

(1)闘いの段階性を確認すること


労働者の闘いには段階性があります。①証拠を残す段階 ②宣伝と交渉の段階 ③裁判・労働審判などの闘いの段階、があります。証拠を残さずに次の段階に進むことは絶対にしてはいけません。証拠を残さずに団体交渉したり、闘うことは愚の骨頂です。ひとたび敵対的関係になってから証拠を集めることはむつかしいのです。
 

(2)闘いの局面局面ではポイントとなる証拠が変わること


労働事案には退職強要・解雇・パワハラ・セクハラ・残業代未払い・賃下げ、などいろいろありますが、それぞれにポイントとなる証拠が必要です。証拠を残さずに闘っても負けるだけなので、まず証拠を残す作業が入ります。
また退職強要狙いの賃下げもあれば、やめさせるためのパワハラもあります。つまり攻撃の形は違っても狙いは別にあるために、闘っていると次々に攻撃が変化していくことが少なくありません。したがって局面局面でポイントとなる証拠も変わります。

(3)以下に闘いのポイントとなる証拠を示します。


闘いのポイントとなる証拠は、具体的闘いで変わりますので、証拠の残し方、すなわち何をどのように証拠を残すかは、ユニオンの指導部と相談しながら進めてください。以下に示すポイントとなる証拠はあくまでも一般的な例です。

・解雇=解雇通告の時の録音、解雇理由証明書、解雇通告書面、会社側の解雇理由を崩す証拠等

・退職強要=上司との面談の録音、会社が自分を嫌悪する証拠、勤務成績を示すもの、昇給・昇格を示す辞令等

・賃下げ=賃下げ通告時の録音、賃下げに抗議する書面の写し、賃下げの理由を崩す証拠、会社の賃金台帳の写しが切り札の証拠になった例もあります。

・パワハラ=暴言の録音、嫌がらせの内容を記したうえで、やめるよう求める書面の写し、知人に相談した時のメール等
 (注、パワハラ行為を完成させることが重要です。「土下座しろ」と言われたら土下座しないとパワハラ行為は完成しません。「草むしりしろ」言われたらその通りしてください)

・セクハラ=上司のセクハラを知人にメールで相談していたメールが裁判で証拠になった例があります。またセクハラの後で上司に抗議した時の録音も証拠になります。

・残業代不払い=タイムカードのコピー、タイムカードの写真でもよい、手帳に出社時間と退社時間をメモする。営業職の場合は日時と訪問先と要件もメモすること。(この証拠は、解雇事案で仕事中のサボりが争点になった時も役立ちます。

・工場内の爆発事故(労災)の隠ぺいを告発したことが原因で上司にパワハラをされ、うつ病になった事案では、同僚の協力で入手した、会社側の「〇社員の経緯」という書面の内容が、爆発事故をこの人物が監督署に告発したので追い出すべきだ、との内容が記されていて、裁判の切り札の証拠になった例もあります。

(まとめ)


労働事案は100件あれば100件の闘い方があります。したがって証拠の集め方も創意工夫が必要です。会社との間で敵対的関係にない普段から証拠集めをしておく必要があり、ユニオンの指導を受けながら隠密に必要な証拠を残すことが闘いに勝利するうえで重要です。

証拠を残すという煩雑で難しい作業をせず、すぐに団体交渉を申し入れることは愚の骨頂です。証拠がなければユニオンの指導を受けて勝てるだけのポイントとなる証拠をそろえることが必要なことです。

労働事案では「残業代の請求」や「パワハラへの抗議」が解雇事案に発展することが少なくありません。したがって用意する証拠は未来を予測して、あらかじめ用意できるものはそろえるだけの周到さが必要です。以上参考にしてください。
>新世紀ユニオン新ホームページ
♯ポイントとなる証拠 ♯闘いの段階性 ♯闘いの局面 ♯解雇の証拠
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード