FC2ブログ

関学の無責任な対応がしめすもの!

関学の回答延期や、姑息な引き延ばし策や、その狙い、および反撃について組合員の問い合わせが多いので書くことにしました。

関学は今回の暴力事件への初期対応で誤りがありました。当時の社会学部長がキチンと双方の言い分を聞いて被害者に配慮する対応をしていればよかったのですが、A先生が和解で穏便に済まそうとしたことに付けこんで、暴力の加害者である金明秀教授があたかもA先生が他の先生に暴力を振るい、それを止めるために暴力を振るったという嘘の言い訳を信じたために、一方的に13回もこぶしで殴った加害者を、関学は処分もせずに済ませたことが重大な過ちでした。

しかも金明秀教授は和解後に、A先生が暴力をふるったかのデマを振りまき、A先生は職場でいわれない疑いをかけられ、人格権侵害の被害を受け続けました。同僚を仮病で休ませることでA先生は過重な労働を余儀なくされ、精神的・肉体的重圧でA先生は重いうつ病を発症しました。この間も関学は管理責任を果たさず、A先生の救済の訴えを無視してきました。

こうした経緯が、新世紀ユニオンが昨年8月2日団体交渉を行い、関学は調査委の責任者を1か月で決める、旨約束しました。しかしこの約束を反故にするためか関学は、際限のない引き延ばしの対応をしてきました。関学の暴力事件への初期対応から一貫しているのは、暴力の被害者への思いやりのなさ。隠蔽体質と事なかれ主義は、現理事長が自分の任期が過ぎるまで引き延ばせば、自分は退職するから関係ない、というおよそ知識人・大学人とも思われない引き延ばし策になったものです。

「会議で決裁を受けることが出来ない」という関学人部のいいわけは、組織人・大学人として大変恥ずかしいことです。ユニオンへの回答など理事長がその気になれば10分もかからないうちに回答できます。弁護士で作る調査委員会に大学だけが連絡できればよい、などと言う対応で「第3者性」が担保できると考えるところがお粗末というしかない。調査報告書を3月までにまとめるという方針が、今年の3月か?それとも来年の3月か?再来年の3月か?という新世紀ユニオンの質問への回答を、大学の会議で決済しないと回答できないとは、もはや関学の体質はマンガ的です。

私は労働運動を50年以上やっていますが、こんなお粗末な指導部は非常に珍しいです。労働組合は戦後労働3権を認められ、宣伝活動が保障されています。ですから不当に労組との約束を引き延ばせば、ユニオンに宣伝の機会を与え、関学のお粗末さを世間に拡散されることは分かり切ったことです。関学の指導部は、あるのは自己保身だけで、こうして「任期まで引き延ばせば済む」との無責任極まりない対応となりました。関学の指導部がアホでなければ昨年の9月に解決できた事案です。それをわざわざ自分で「第3者委員会」が調査することにし、事を大きくし、世間に恥をさらすことになりました。お偉い大学の指導者の考えることは、私のように中学卒業後すぐ働いた労働者には理解出来ないことです。

どうすれば関学に、金明秀教授の暴力事件とその嘘の隠蔽工作に対する民法上の管理責任をはたさせることができるか?不誠実団交という不当労働行為で地労委に持ち込めば、地労委・中労委・地裁・高裁・最高裁と何年もの長期の闘いになりかねません。その間に話のわかる指導者が現れれば暴力・セクハラ・アカハラが横行する関学を民主化できるかもしれません。こちらは1か月で解決できると考えた事案が10年もの闘争になりかねない事態は、なるべく避けようとして、何度も関学に書面を出して誠実な対応を求めたのですが、その愚劣極まる本質は変わりませんでした。これは非常に残念なことです。

委員長のブログ拍手ページの広告について!

何人かの組合員の方から「委員長のブログの拍手ページのエッチな広告は何とかならないのですか?」「いやらしい広告はやめてもらいたいです」との声が寄せられています。確かに拍手をすると女性のおっぱいの広告画面が出ます。特に女性の組合員は不快感を感じるようです。

しかし委員長のブログの広告は当方は関知できません。管理者であるF2Cが広告を載せているので、当方が関与できないものです。以前も経営側の労務管理の広告に「ユニオンがなぜ経営者の広告を載せるのか」とのお叱りを頂いたことがあり、その後「ニュース」のページには「この広告は新世紀ユニオンとは関係ありません」と入れることにしました。

委員長のブログには反対している経営者も多く、その人達がブログの品位を下げるためにエッチな広告を開いているため、いつまでもこうした広告が出ることになります。広告については管理者であるF2Cが掲載しているもので、新世紀ユニオンは一切関係ありませんので、誤解されないよう願います。

困ったことに、エッチな広告のせいで、最近は拍手するのが嫌なのか組合員の拍手の数も減っています。不快感を感じる広告は私もやめてほしいと思っています。

関西学院大学から回答が遅れるとの通知?

2月1日付けで「関西学院人事部人事課」名でファックスで連絡がありました。その内容は以下の通りです。「現在大学入試試験を実施しているため、会議が開催されず。そのため回答書の決裁を受けることが出来ません」「回答が会議開催日(2月中旬)以降となる」との通知です。

これまでの杜撰な回答も会議で決裁を受けていたのかと驚きました。新世紀ユニオンの1月28日付けの質問は以下の要旨です。
(1)第3者委に関学側だけが連絡が取れるのは、御用委員会ではないのか?
(2)暴力の加害者の金明秀教授を調査と処分が出るまで自宅待機にせよ。
(3)被害者への思いやりにかけた対応への反省を求める。
(4)調査委員会の報告書を「3月までにまとめる」のは何年の3月なのか?
(5)セクハラについての教育を再度強化されるよう求める。

以上の要旨の、質問・要請に宮原理事長が回答するのは10分もあればできる。引き延ばし策は調査委員会の調査が始まるまで6カ月もかけたように時間稼ぎと見てよいであろう。当ユニオンには学内から深刻なセクハラやアカハラの情報が寄せられている。困ったことに、この大学の問題解決能力は皆無で、あるのは無責任な引き延ばし策だけだ、との意見が新世紀ユニオン内で台頭することは避けられない。

一方的な暴力の被害者のA先生が4月には外国に留学するので、調査をそこまで引き延ばしたら、調査が出来ないので、暴力教授の金明秀の処分を曖昧にできる。関西学院大学の引き延ばし策は悪どいとしか言いようがない。この大学には常識が通じない。もはや不誠実団交は明らかなので争議に入るしかないようである。新世紀ユニオンが何度も穏便に解決しょうとしても、関学側の対応は始めから終りまで、新世紀ユニオンを愚弄するような対応ばかりで、誠実さがまるで感じられない。こんな無責任な大学に入学する学生がかわいそうだ。

子供の虐待を防ぐにはどうすべきなのか?

親の子供への虐待が相変わらず起き、しかも児童相談所も、教育委員会も子供を守れない現実がある。千葉県野田市の栗原心愛さん10歳が父親に虐待され死亡した事件は、痛ましいとしか言いようがない。

心愛(みお)さんは学校のアンケートに親に暴力のいじめを受けていることを書き「先生なんとかなりませんか」と救助のサインを送っていたが、教育委員会がこのアンケートを加害者の父親にコピーを渡した。これが暴行死の引き金になったことは明らかだ。

日本はアメリカのクリントン政権時の、ヒラリーが作った子供の人権を守る法律に学び、根本的な改革を行うべきだ。児童相談所の権限を強化して救助を求めている子供を断固として守ることを優先しなければならない。ましてや子供のアンケートには秘密を守ると書いていたのに、それが加害者に渡るようなことは子供への裏切りでしか無く、それがもとで子供が死に至ったのであるから教育委員会にこそ問題がある。

子供を守るためには教育委員の公選制で、教育に情熱を持っている人が教育委員になれるようにしなければならない。子供が死んでいるのに他人事のような児童相談所の代表者のコメントは話にならない。子供を守れなかったことを恥じて辞職すべきだろう。児童相談所の職員には家に立ち入り、被害子供と面談し、救助する権限を持たせるべきであろう。

親の虐待で子供が犠牲になる事態を繰り返している事を政治家が立法府として解決策を出すことが求められていると思う。子供は親を選ぶことはできないのである。子供は親の持ちモノではない。子供は社会の宝であり、救いのサインを見逃したり、加害者の親に報復の機会を与えるようなことを二度と繰り返さない改革を求めたい。

ハラスメント防止法から罰則を抜き、慰謝料請求権を抜き「努力義務」のザル法にする日本のいじめ容認体質が、親による子供の虐待死をいつまでも繰り返す事態を生んでいることを指摘しなければならない。いじめを精神的暴力として刑事事件とする断固とした決意が社会に求められているのだ。

職場での人権侵害について!

景気が良いためか労働相談での解雇事案は少なく、パワハラ事案の相談が多いです。現在大阪地労委で係争中の解雇事案では、社長が退職強要のために仕事を取り上げ、嫌がらせ的な雑用を押し付け、ユニオンが書面で抗議し、社員への残業代の支払いを求めると、「弁護士法違反だ」「ユニオンに代理権はない」として、解雇してきました。

パワーハラスメントは、上司がその職務上の地位・権限を濫用して、部下の人格権を侵害するものです。一般的に業務命令を悪用したいじめの違法性については
①その命令に業務上の必要性があるか?
②違法な退職強要を目的にしているか?
③その命令による労働者の不利益があるか?
という点から判断されます。パワハラで多いのは仕事外し、隔離、過重な労働等が多く、退職強要を目的としながら行われる例が多いのです。

仕事の取り上げは、他の社員への見せしめであり、またその労働者への不当な嫌がらせであり、したがって仕事の取り上げは業務上の必要性がないのは明らかです。人事権については裁判所は一定の裁量を認めますが、仕事の取り上げが退職強要の圧力として行われていること、それによって精神的苦痛を与えるので違法であることは明らかです。

これに対しパワハラが過重な労働として行われる場合、他の社員や職員との均等取扱いかどうかが重要になります。他の社員や職員と比べて特定の社員や職員の仕事量が過度に過重である場合は違法なパワハラと断定できます。暴力事件の被害者に取った関西学院大学の処置がこれに当たります。

使用者が取るべきパワハラ防止義務の具体的な措置には(1)いじめの事実があるか調査する(2)防止策をとること(3)被害者に謝罪する(4)加害者の移動、処分などの適切な措置をとる(5)パワハラのせいで被害者がうつ病になった場合は損害を賠償することになる。

上ヶ原病院のように正看護師の資格を持つものに助手の仕事を3年間もやらせるのは明らかに違法なパワハラです。この場合正看護師としての職歴形成ができなかったし、うつ病にさせられたのですから慰謝料請求権が生じています。
ソフトハ―トのように「レジの違算」を口実に退職強要して来る場合は「計算間違い」なのか?それとも罠か?立証が難しく、しかもソフトハートは雇用契約書まで偽造してきました。裁判所は不当にも会社側を支持した例もあります。

つまりパワハラは立証がすべてです。ソフトハートのようなブラック企業では働かないようにするしかありません。ソフトハートは請負と称していましたが実際は偽装派遣でした。この点は兵庫労働局で確認しています。詐欺的な雇用形態をとっていたので就業規則を開示できませんでした。最近は違法な業務命令によるパワハラをソフトハートのように、ブラック弁護士が指導している例もあります。ですから労働者はパワハラと感じたら録音など証拠作りをキチンと行うことが重要な事です。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード